リゾートアイランド伊計島の予約が詰まるのは、5月の連休からです。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

AJリゾートアイランド伊計島といえば、沖縄本島から車で行ける離島です。 第150回沖縄訪問(11)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

宮城島から、伊計島に通ずる道は、両脇にサトウキビが、風にそよぐ、さとうきび畑が続きます。

夏なら、所々にあるビーチに、車の行列が出来ているところです。その中の一つの、 トンナハビーチの入り口の看板が見えました。伊計島に入る少し手前左側にあります。

宮城島と伊計島を繋ぐ、橋を渡って、伊計島に向かいます。

この橋で止まって、この橋から周囲の写真を撮りたいと、いつも思います。しかしこの橋は、車を寄せるスペースが無く、後ろから後続車があると、止まるわけにはいきません。

伊計島に入って、また砂糖黍畑が広がります。最近は、サトウキビから、タバコや、温室栽培のパパイヤに、転作している畑もありますが、温室は、一昨年の台風で、屋根が吹き飛ばされたままの温室があります。

AJリゾートアイランド伊計島が見えてきました。

目指す、伊計島ホテルに、着きました。今の正式名称は、AJリゾートアイランド伊計島です。

駐車場には、車が見あたりません。広い駐車場は空っぽです。

ちょっと心配になってきました。ここで、今日の昼食を予定しているので、松葉博雄の一行のお腹は、この伊計島のAJリゾートアイランド伊計島にある食堂に、依存しているのです。

ホテルの中に入ってみると、ホテルは稼働しているようですが、宿泊客の姿は見あたりません。どうしたのでしょうか?

改装したAJリゾートアイランド伊計島の、天井部分は、光を取り入れるために、ガラス張りになっていて、天井からは明るい太陽が、ロビー全体を明るくしています。

ホテルのフロントで、食堂は営業していますか?と尋ねてみると、宿泊客のために、朝と夕方のみ、営業しているそうです。外から訪ねて来た、宿泊客以外のお客様には、お昼は無いようです。

この、多角形の屋根のレストランで、以前は美味しいお料理を食べたことがあります。ここを利用したくて来たのですが残念です。

どうする?と、三人で相談しても、無いものは無いので、他で昼食を探すしかありません。

まぁ、せっかく伊計島に来たんだから、ちょっとその辺り、散歩してみましょうと気を取り直して、

松葉博雄は浜辺の方向に通じる歩道を、ゆっくり進んで行きます。

珊瑚礁のリーフは、かなり向こうにあります。

伊計島でシュノーケリングしたときは、リーフのそばに、泳いでいったことがあります。

このリーフに立って、さらに、外洋を見ると、大きな波の音が聞こえてきます。

1月ですが、沖縄では太陽が照りつけると、初夏のような暖かさと、少し暑さも感じます。

こんな所で、会社の皆さんと研修をして、その後、バーベキューや、野外ゲームや、カラオケをすれば、きっと盛り上がるだろうなぁと、想像しながら、周りを見回しています。

ホテルのフロントの話では、5月のゴールデンウィークの連休の頃から、宿泊予約はいっぱいになるそうです。今なら、予約を受け付けられますよと、声掛けされても、お願いしますという訳にはいきません。

この多角形の食堂の中には、確か入り口に水槽があったと思いますが、あの水槽は、どうなったのでしょうか?まだ、水槽の中には、熱帯海水魚が泳いでいるのでしょうか?

AJリゾートアイランド伊計島を出て、次は昼食を求めて、放浪が続きます。

途中で、菜の花畑があったので、車を降りて、菜の花の周りに寄ってみます。

片山正喜さんは、以前は、松葉博雄が、お花畑に近付こうものなら、少女趣味と笑っていましたが、今は、片山正喜さんは、フェイスブックを始めているので、写真を撮りたがっています。

なの花の写真は、カメラに収まると、片山正喜さんの手によって、フェイスブックにアップされるようです。

菜の花の周りに近付くと、強い香りが漂ってきます。

これなら、蜂蜜を求める蜂が、沢山飛んできていると思います。

菜の花の先には、先ほど見た、沖縄の青い海が輝いています。もうまもなく春が来ます。

2015年1月24日(土)

コメントを残す