ブセナテラスホテルを歩いて、こんなお庭が欲しいなあと奥さんに言うと「誰が掃除するの?掃除をしていたら、腰が痛くなりますよ。」という会話になりました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ

もし万一、リッキー君がブセナホテルのプールに転落したら、やはりそれは、側にいた松葉博雄の責任で、 すぐにプールに飛び込んで、救助する立場にあるのは、松葉博雄です。  第149回沖縄訪問(9)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ

 ブセナテラスホテルのレストランを出るときは、お勘定書きは、松葉博雄の担当になります。

しっかり昼食を頂いている人は、バイキングを選んでいますが、バイキングだと、お腹が一杯になって、今夜の、手打ち蕎麦と、沖縄そばの二つの年越し蕎麦を、頂けなくなります。

ほどほどの満腹感で、次は、ホテルの中を散歩します。

風のない、ポカポカ陽気で、これなら、綺麗なプールで、誰かが泳いでいても、不思議でないように感じます。

こんなお庭があったらなあ、こんなお庭が欲しいなあと、奥さんに言うと、すぐに現実的な、

「誰が掃除するの?掃除をしていたら、腰が痛くなりますよ。」

という会話になりました。

そりゃあそうです。こんな広いお庭を掃除できるわけがありません。それでも欲しいなあ、あったらいいなあという、儚い希望を、打ち砕いてはいけません。

リッキー君と一緒の散歩なので、リッキー君が走り回って、つい躓いて、プールに落ちたら大変なので、しっかりウォッチングしていかなければなりません。

もし万一、リッキー君がプールに転落したら、やはりそれは、側にいた松葉博雄の責任で、すぐにプールに飛び込んで、救助する立場にあるのは松葉博雄です。

そうなると、濡れた服はどうなるのか、服が乾くまでどこで過ごすのか、次々先のことが思い浮かんでいます。

リッキー君は、おかまいなしに、先に先に進んで、普段と違った遊ぶ環境に大喜びです。

走りたくなるのも、無理はありません。普段、走る場所がないからです。

これだけの綺麗な景色を見て、興奮しない方が、むしろ変人になります。

出来る事なら、今は夏で、リッキー君も、松葉博雄も、水着を着ていて、いつでもプールに助けに入れる状況なら、何の問題もありません。

行った事もありませんが、この景色は、地中海の景色なのでしょうか?それとも、イベリア半島の景色なのでしょうか。

いやいや、そうではありません。やはり、リゾートの本場、ハワイかもしれません。

何度も歩いた、ブセナテラスホテルの散歩道ですが、やはり非日常感の良さがあります。

聞こえてくる歓声は、日本語だけでなく、中国語のような言葉が遠くから届きます。

向こうの方では、若い男女が、女性をモデルに、場所を変えて、写真を撮り続けています。

もし、あの男女がプールに落ちても、松葉博雄は、多分プールには飛び込まないと思います。

2014年12月31日(水)

コメントを残す