本部半島のヤンバルの森林の中に、礼拝所を見つけました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

八重岳から羽地湾に向かう途中、ヤンバルの自然が残る、亜熱帯植物が自生する場所に行き着きました。 第150回沖縄訪問(4)社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活

名護市の八重岳で、緋寒桜の花見を終えて、片山正喜さんが運転する、おまかせドライブになっていました。おまかせドライブと言っても、松葉博雄からの注文があります。

それは、出来るだけ、昔の沖縄が少しでも残っている、緑の濃い場所です。

注文通り、人里離れた、亜熱帯植物が茂る、まるで植物園の温室のような場所に来ました。辺りの木を見ると、木の幹には、木に寄生するシダが茂っています。

周りでは、小鳥の声が聞こえて、その小鳥も、神戸で聞こえるような、雀の鳴き声ではありません。甲高い、野鳥の声です。

昔、沖縄がまだ開発されていない頃は、沖縄全島にこのような植物が生い茂り、小鳥の楽園のような島だったと思います。

向こうに見える背の高い木は、ハワイでも、ニューカレドニアでも見た木で、大航海時代の時には、帆船の柱が嵐で折れた時には、この木を伐採して、船のマストに使ったと聞きました。

なにやら、少し霊気を感じて、片山正喜さんと霊気を求めて、奥に進んでみます。

5月になると、ハブが出てくる危険性があります。今の1月の気温なら、少々草深い奥の方に入り込んで、ハブに噛まれる危険性はありません。それで、安心して、進んで行きます。

見つけたのは、大きな岩の下の部分に、自然の形で出来たくぼみがあり、そのくぼみを利用した、礼拝所がありました。

この礼拝所から出てくる霊気が、松葉博雄に何かを感じさせたのです。周りは、大井川という川で、その川の底の部分に、礼拝所がありました。

場所を、片山正喜さんのスマートフォンで確認すると、今帰仁の近くであることがわかりました。

礼拝所に上り、帽子を脱いで、跪いて、この地で、土地の人から長らく敬われていた神に、礼拝しました。

しばらくヤンバルの植物と木の発する森林浴で、気持ちをリフレッシュ出来ました。

大井川から、さらにドライブが続きます。行く手に、湧川案内板がありました。

そこには湧川集落の概要が書かれていました。

「湧川は今帰仁村の東側に位置し、1738年に創設されたムラである。羽地内海に面し、内海にはヤガンナ島とサガヤ島が浮かぶ。」と書かれています。

このあたりには、京都の嵐山と同じ名前の、嵐山があります。ここから、嵐山からの眺めはとてもいいのです。

資料を見つけて、読んでみます。資料には、

「海岸に塩田跡の石積みが残っている。ムラ内には、御嶽や神アサギ、新里ヤーなどの拝所がある。豊年祭には、棒術や路次楽(県指定文化財)などが行われる。湧川小学校があり、一区一校であった(平成22年に天底小学校と統合)。」と記載されています。

そして、湧川の路次楽(わくがわのろじがく)の説明がありました。

路次楽は元来中国のもので、王様の道行きの「さきぶれ」だったとそうです。

それが今から約480年前、尚真王時代(1522年)明国の世宗皇帝即位慶賀使として、中国入りした、澤岻親方盛里が、皇帝の行列で路次楽の吹奏を見聞し、その勇壮華麗さに感動し、彼の地で習いおぼえて持ち帰ったと書かれています。

湧川には、今から約200年前に與儀家先祖、與儀銀太郎が湧川に住み、哨吶の音楽を初めて村芝居に採り入れ、好評を得、また村人達にも教え広めるようになったそうです。

記録では、湧川の路次楽は、戦時中、豪の中で大事に保管され、完全な姿で残った。路次楽の芸能については子孫である與儀家が哨吶の楽器制作方法や奏法などを代々受け継いでいる。(田園空間整備事業 今帰仁村)

松葉博雄と、奥さんと、片山正喜さんの3人で車を降りて、湧川地区を歩いてみました。沖縄に水道がなかった頃、どこの集落も、生活水は自然水に頼っていました。

雨水を溜める、井戸を掘る、山から染み出る水を利用するなどの方法で、水があるところに人が集まるというのが、集落の始まりです。

土地の人に尋ねて、辿り着いた場所は、水道がなかった時代の水汲み場です。今となっては飲めない水も、水道のない時代は、この水汲み場に、集落の命が掛かっていたようです。

サトウキビを刈り取って、束にしている畑がありました。サトウキビを刈り取るのも、大変な仕事です。もちろん、大規模農場なら、機械を使いますが、小さなサトウキビ畑は、人手で刈り取っています。

いつの間にか、車は海に出てきました。羽地湾のようです。雲がどんよりして、海は青く光っていません。なんとなく、寒々しい海に見えてきます。

2014年1月22日(木)

コメントを残す