銅谷賢治さん、銅谷美奈子さんのお招きで、手打ちそばを頂きました。社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ

銅谷賢治神経計算ユニット博士の打つ十割そばは、計算通りの美味しい年越しそばになりました。 社長ブログ/沖縄ブログ/恩納村ブログ/恩納村リゾート生活/孫ブログ 第149回沖縄訪問(12)

銅谷賢治さんと銅谷美奈子さんのお招きで、松葉博雄と奥さん、リッキー君と、リッキー君のお父さん・お母さんと、妹のKちゃんと、片山正喜さんの7人で、銅谷さん宅に着きました。

銅谷さん宅は、オーシャンビューの素晴らしい景色でしたが、無遠慮なホテルモントレ沖縄が断りもなく、目の前に立ちはだかり、すっかり景観を壊してしまいました。

今夜は、銅谷賢治さんが打つ、手打ち蕎麦を頂きます。待ってる間、テレビでは、2015年の新成人の人数について、2015年(平成27年)は、新成人の人数はおよそ126万人になるそうです。

昭和45年に比べると、ほぼ半数です。新成人が減ることは、日本にとって大きな問題です。

20年前に、一般家庭で、子供を生みにくくなった状態がゆっくり起きて、その結果が20年後に人口減少という結果を表しています。このことは、以前にドラッカー先生が、『すでに起こった未来』で、指摘しています。

銅谷賢治さん宅では、銅谷美奈子さんのお母さんが、新潟から来られています。

お嬢さんの銅谷理緒さんは、北海道大学のワンダーフォーゲル部で、今は、雪の積もる山登りに参加していて、お正月は沖縄に帰省しないそうです。

今夜のお料理の中でも、新潟の郷土料理が登場しています。この芋の唐揚げもそうです。とっても美味しい新潟の郷土料理をいくつか頂きました。

さて、昨年と同様、銅谷賢治さんの手打ち10割蕎麦の演技が始まります。

そば粉を袋からだし、大きな鉢の中で、少しずつ差し水をしながら、堅さを指先に感じながら、そば粉を固めていきます。

このとき、水が多すぎても、少なすぎても、蕎麦の形が出来ません。慎重に、慎重に演技は進んでいきます。

一方、奥様の銅谷美奈子さんは、蕎麦といえば、天麩羅と言われるように、日本そばに合うようなテンプラ作りを担って、揚げたてのてんぷらが順次テーブルに登場です。

松葉博雄は、何をしたかと言えば、銅谷家では大根すりを担当しました。沢山の大根をすり下ろしたので、皆さんに大根おろしと、いくらの組み合わせのお料理を出しました。

リッキー君は、一番前から、とうとう席を離れて、すぐ側にまで近寄っていき、じっくりと事の推移を見ています。

まるで、粘土細工で何の形が出るかを、期待している園児のようです。

時々は、手を出して蕎麦の固まり具合を、指先で確認しているようです。

形が出来ると、次は、棒をつかって、伸ばしていきます。

何度も何度も、伸ばしていくうちに、ゆっくりと四角形が出来てきました。

昨年は、手打ち蕎麦を頂くだけでしたが、それでは申し訳ないと思い、松葉博雄の奥さんは、今夜の年越し蕎麦に備えて、蕎麦出汁を作ってきました。

四角形の、風呂敷を広げたような蕎麦は、次に何重かに折りたたまれ、そば包丁で均等に裁断されていきます。

銅谷賢治さんから、松葉さんやってみませんか?と、お愛想の様なお誘いを受けたのですが。昨年やってみて、向いていないと思ったので辞退しました。

銅谷賢治さんは、蕎麦打ち職人ではありません。沖縄科学技術大学院大学の神経計算ユニット教授です。

研究室では、そばをうつ顔は、違った顔があるのです。その顔とは、難しい人工頭脳を研究する、研究者の顔です。

さらに、もう一つの顔があります。それは、鉄人レースと言われる、トライアスロンの選手です。

別誂の純米大吟醸を、銅谷賢治さんが勧めてくれました。沖縄科学技術大学院大学の学長から頂いた、大吟醸だそうです。とっても有り難いお酒なので、これを呑めば、賢くなるかなぁ?と思いました。

均等に裁断された蕎麦は、熱湯で湯がかれ、すぐに冷水で冷やされ、ざるに盛られて、テーブルに登場です。これが、銅谷宅の十割蕎麦です。

向こうのテレビでは、NHKの紅白歌合戦が映し出されていますが、音は小さく絞られていたので、誰がどんな曲をうたっているのかは分かりませんでした。

この後、金城家に行き、もう一度年越し蕎麦を、みっちのーの作ってくれた、沖縄蕎麦で頂くので、これで銅谷家を失礼します。大変美味しい日本蕎麦をいただき、ありがとうございました。

2014年12月31日(水)

コメントを残す