豚の丸焼き:沖縄名物豚の丸焼きは、おめでたい日、お祭りの日に振る舞われます。

豚の丸焼き:豚の丸焼きは、専門業者が焼きます。豚の丸焼きは、素人では無理なようです。第130回沖縄訪問(3)

恩納村前兼久海神祭(ハーリー)のお祭りの日、朝日会では、昔からおめでたい日には、豚の丸焼きをふるまうように、伝統に乗っ取って、60kgの豚一頭を丸焼きにして、振る舞っています。

丸焼きにしたのは、朝日会の人ではなく専門業者です。気になるお値段は、1頭3万円です。

**

60kgの豚と言っても、丸焼きにすると油が落ちてどんどん小さくなります。

皮は固くてそのままでは食べられないので、お湯でふやかして頂くそうです。

**

近くのホテルから、差し入れのオードブルも届いていました。

**

松田光正さんの顔も見れました。
今日のハーリーの会費は3000円です。およそ四十名くらいの会費が集まったそうです。

****

もずくの天ぷら、マグロの卵があります。

**

マグロの卵は、もし、これだけの卵が、全部ふ化したらどれくらいのマグロの数になるのでしょうか?ありえないことですが、全部の卵が、大きなマグロに成長すれば、マグロ不足も解消しそうです。

**

いつも沖縄に来て思うのは、お祭りの時や、御祝いの時には、どこからか、ご馳走が集まって来て、結局食べきれないほどのご馳走が、目の前に集まっても、もったいないなぁと思うだけで、少し食べただけでお腹がいっぱいになります。

**

みなさんに勧められて、豚の丸焼きの、柔らかそうな所を選んで、頂いてみました。ソース味をつけて頂きます。

**

糸数昭議員さんの顔も見えました。志喜屋 文康村長も来られていました。

皆さんに、食べなさい食べなさいと色々な料理を勧められますが、そんなに沢山の料理は、なかなか食べられるものではありません。

****

石川善忠さんのお孫さんも来ています。

ペンションムーンビラのお客さんが、玉城常司さんに薦められて朝日会に来ています。

****

垢抜けた感じのお嬢さんがいたので、朝日会のおじさんたちは、なんとか側に近づいて、どこから来たの?とか、どこに泊まっているの?、いつまでいるの?と、通り一遍の質問をしています。漏れてきた話しでは、東京の町田市から来た、お嬢さんのようです。

****

冨着勝弘さんは、奥さんと、お嬢さんと、お孫さんと来ています。

芝生に日が当たってとても綺麗です。近所の子供達も遊びに来ています。

前回の台風で、何本かの椰子の木が根こそぎ倒れたそうです。とても強い風だった事が想像できます。

**

椰子の木は、根こそぎ倒れたようですが、残りの椰子の木には、大きな椰子の実がついたままで、もし、あの椰子の実が、頭の上に落ちてくれば、気絶だけでは済まないように思います。

**

ハーリーの応援に来た人たちは、あちらこちらのテントを尋ねて、ビールを頂いたり、変わったお料理を頂いたり、沖縄に今日来てよかったと、幸運を喜んでいます。

****

子ども達は子ども達で、何か遊びを見つけて、声をかけあって遊んでいます。本当に今日は、恩納村前兼久の日曜日と、海神祭(ハーリー)が重なった、ものすごい人出です。

三千人以上いると思います。前兼久漁港は、これからアトラクションに移ります。

2011年6月5日(日)

コメントを残す