海洋生物の探索です。海洋生物の牡蠣、カサガイ、ホンダワラ、アーサーを採取します。

海洋生物の探索です。読谷の浜辺で、海洋生物を採取します。 第128回沖縄訪問(15)

海洋生物の探索です。牡蠣の探索です。沖縄に、読谷に、牡蠣がいるでしょうか?片山正喜さんと、牡蠣を探しに来ています。

**

親鸞聖人の銅像のある場所から浜に降りると、岩場があり、海草が沢山流れ着いています。海草が、貝や虫を運ぶのです。

**

少し岩場を歩いてみると、貝を見つけました。岩に張り付いている貝を、鋭い金具で開けて、試食してみると、アワビのように、とても美味しかったです。この貝は食べられます。

**

片山正喜さんが目をつけると、隠れた貝も、ひとたまりもありません。食べられると分かると、たちまち採られてしまいます。

**

この貝は、たまたま運悪く、潮がひいて食料となる海草を食べる為に岩陰から出てきたところを、採られてしまいました。

**

岩に張り付いているところを、薄いナイフのようなもので、そぎ取ってしまいます。

**

丹念に調べてみましたが、この辺りに養殖の種となる牡蠣は、見つかりませんでした。

**

牡蠣は諦めて、次に、岩にはアーサーの新芽が着いているので、アーサーの新芽を採って持って帰ります。

**

アーサーの新芽とアワビのような美味しい貝をとって、前兼久のホテルに戻りますした。

**

天気もよく、朝日会の旗も風になびいています。

**

雲一つ無い晴天の日に、東シナ海に沈んで行く夕日を、ホテルのテラスから見たいなぁと思っていても、なかなか都合良く絵になる日没に出会いません。

**

夕方の4時頃になると、前兼久の家にも、だんだん陽が傾いてきました。

**

松葉博雄は、読谷の浜辺で獲ってきたアーサーの砂落を落とします。何度何度も洗わないと、砂はとれません。砂が残っていると、食べると気にジャリッっと砂を噛んでしまうことになります。

2011年4月12日(火)

コメントを残す