伊是名島の観光コース:アハラ御嶽、海ギタラ、陸ギタラを自転車で走っています。

伊是名島の海ギタラとは、断崖絶壁の岩場であるということです。第127回沖縄訪問(14)

伊是名島で、民宿を探しています。民宿「なか」で、建築・土木関係者の長期滞在のお客さんがいるため、今夜の宿が取れませんでした。親切な提案もして頂きましたが、一通り民宿をあたってみる必要があります。

**

どうしようと思って、伊是名島ビーチの方に出て海沿いの道を、もう一度仲田港に戻ります。

すばらしいビーチです。向こうに見えるのは無人島の離島の屋那覇島です。

飛行機から時々見えます。前から行ってみたいなと思っている無人島です。行くとなると、渡し船で行くしかありません。

**

そろそろ昼食の時間で、昼食を食べるところも探していますが、どうやら食べるところがどこもないようです。

**

伊是名漁港を通って、墓地を通り抜けると昇り坂があり、峠の辺りに展望台がありました。ちょっと自転車を止めて、ギタラ展望台で海をみます。

**

ギタラとは、断崖とか岩と言う意味です。ギタラ展望台に登って海を見て見ると、確かに断崖絶壁の海に立っています。この景色は、絶景です。

**

少し似た景色は、ジュゴンの丘です。どちらも、海に突き出た丘から、遠く地平線まで見渡せる景色です。風に乗って翼を広げて、ゆっくりと旋回しながら、鳥やハングライダーのように、景色を楽しんでみたいものです。

**

潮がちょうど引いた所でしょうか。向こうの方に屋那覇島が水平に広がっています。

**

屋那覇島の対角線上にあるのが、三角山で、キレイな円錐形をしています。

**

アハラ御獄があります。アハラ御獄は、登ってみればきっと素晴らしい展望だと思いますが、頂上を極めるほど元気が沸いてきません。今回は、見るだけです。このアハラ御嶽も、伊江島の山頂の景色に似ています

**

マッテラ浜を見て回っていると、あちらこちらに石碑があって、そこに歌が詠まれています。

**

海ギタラの対になっているのが、すぐ向かいの陸(アキ)ギタラです。とげとげし岩肌が、来るものを拒むほど強く感じます。

**

陸(アキ)ギタラの、これは聖なる場所で七龍神をまつっている場所です。

**

陸(アキ)ギタラの麓には、竜神洞という祠が祀られています。

**

地元には地元の、昔からの信仰があり、自然の形力強いもの、不思議なもの、美しい物、何かを連想させるもの、こんな感じで信仰の対象にしています。

**

下り坂を自転車で風を切って、寒くもない、暑くもない、心地よい風を首筋に感じ、あと少しで仲田港に入っていきます。次の名所は、伊是名玉御殿(たまうどぅん)と伊是名城跡です。

**

きっと明日か明後日は、腰と股が、筋肉痛になるだろうなぁと思いながら、乗り慣れていない自転車でアップダウンをしながら、伊是名城の方を目指してます。

2011年2月22日(火)

コメントを残す