沖縄の自然破壊 第80回沖縄訪問(14)

沖縄の自然破壊はどんどん進んでいます。瀬底島には、リクルート社関連のホテル建設が予定されています。【沖縄の海、空、花、自然と素晴らしい人たち その14】

朝、今日も沖縄の恩納村の空は晴れです。

沖縄の恩納村

今日は、どこに行きましょうか?お弁当を持っていきましょうか?どこに行きましょう?

沖縄の恩納村

すぐ思いついた行き先は、昨日のヤンバルツアーで見た、綺麗な珊瑚の海です。そこに行きましょう。あそこがいい。あそこの、綺麗な海に浸かり、できることなら、熱帯魚と遊びたい。
沖縄恩納村のプルメリア

晴れた日に、こんなに綺麗な花があるものかと、疑いたくなるほどの美しく咲いているプルメリアの花を見つけ、今日はなんだかいいことがありそうに思えてきます。

沖縄恩納村のプルメリア

朝日会では、どなたも姿がなく、みなさん、平日なのでお仕事でしょうか?

朝日会

今日の行き先は、瀬底島にしました。

朝日会

瀬底島へは、国道58号線を真っ直ぐ北に向かえば、前兼久から1時間ぐらいで着くはずです。

みなと食堂

途中、弁当を買うことにしました。食堂で食べて行けば持って行かなくても身軽になります。

瀬底島

だけど、綺麗な海で、遠くの島を見ながら頭では見られない景色の中で、お弁当を食べてみたいと思います。

瀬底島

見つけたお店は、瀬底島に掛かる瀬底大橋の入口にある、本部港の「みなと食堂」です。

みなと食堂のお弁当

国道58号線から途中、419号線に道を替え、海洋博の会場の方向である、本部港を目指して行けば、本部港のすぐ近くにみなと食堂の看板が見えました。

みなと食堂のお弁当

沖縄のお弁当は、炒め物が多いです。暑さで食中りしないように、熱と油を使うお料理が多くあります。

瀬底島

ひとつは、焼き飯にしました。もうひとつは、野菜炒めです。どちらも大盛りで、食べ切れるかと思うばかりの量です。瀬底島には、橋を渡ればすぐです。海岸に向かい、適当な休息スペースを確保します。

瀬底島

みなと食堂のお弁当を食べて、素晴らしい写真が写せました。向こうに見えるのは、水納島です。手前の白い砂浜は、写真を撮っている洞窟の中に続きます。

瀬底島

珊瑚礁の隆起した岩の所々に、洞窟があり、格好の日差しよけになっています。

ここだと、照りつける真夏のような直射日光から隠れることができます。

瀬底島

潜水艦のように見える島は、伊江島です。今日のお弁当を食べる場所は、ここにしました。少し涼しいくらいの風が洞窟には入ってきます。

瀬底島

すっかり人がいなくなった浜辺には、ヤドカリが歩いた跡や、カニが走りぬけた足跡がついています。

瀬底島

浜辺の砂に這うように伸びた蔓は、厳しい風に飛ばされないように低く地を這っています。

瀬底島

目の前の白い砂浜は、まぶしく輝いて、サングラスがなければ目がくらむほどの眩しさです。

瀬底島

嬉しくなって、お弁当を食べた後は、こんな写真を撮ってみました。

瀬底島

リクルート事件を起こしたリクルートの関連会社は、今、この瀬底島に目をつけて、開発をしようとしています。

瀬底島

今あるゴルフ場は、瀬底村の所有する土地ですが、ここを借りて、ショベルカーとダンプカーを入れて、ホテルを建てようとしています。

瀬底島

瀬底島

沖縄の離島は、土地の人に聞けば、随分変わったと言っていますが、まだまだ本土の人から見ると、自然が残り、美しい島です。

瀬底島

この島の白い砂浜、美しい珊瑚礁、群がる熱帯魚などのこの先の変化は、環境を守らなければ破壊されてしまいそうです。

瀬底島

西表島やその周辺の小浜島にユニマットの関係会社が作るリゾート開発で、多くの自然が破壊されているのを見ました。

瀬底島

瀬底島は、美しい島で、瀬底大橋を眺める絶好の観光スポットがあります。

瀬底島

ここで、初夏には瀬底名物のスイカを食べながら、対面の沖縄本島の本部地区を見るのが好きです。

瀬底島

それが、どんどん、ブルドーザーが大地を削り、緑を剥がし、奇抜な建物や原色のペイントを塗った目立つような建物が、景観を損なっています。

瀬底島

もうこのお気に入りのスポットからスイカを食べながら、本部の景色を見ることは難しくなりました。

 

2006年10月11日(水)

 

コメントを残す