金城正則さんのシーラの解体 第80回沖縄訪問(5)

金城正則さんのシーラの解体は、鮮やかな包丁裁きで、感心しました。
【沖縄の海、空、花、自然と素晴らしい人たち その5】

金城正則さんの鮮やかな包丁捌きで、どんどんシーラを裁いていきます。

見ていると、デパートで見たことのある、マグロの解体ショーのような鮮やかな手さばきです。

シーラは片身半分は、刺身にします。

すぐにお皿一杯のシーラのお刺身が作れました。

残りの方は、これは別の料理に使います。

さて、さっそく、今できたばかりのシーラのお刺身をいただきます。

第78回の沖縄訪問のときにいただいた、シーラの刺身は、その後、お腹がうなりだし、発熱があるほどの強烈な結果があったので、あの、シーラの刺身には、中り癖があると困るので、松葉博雄は食べようかどうか迷っています。

松葉博雄が迷っているのを見て、みなさんが面白がってます。「もう免疫ができたから大丈夫だ」という意見もありました。

そこで、「それもそうだなぁ」ということで食べることにしました。ふたつの意見がありました。

1、シーラは、いちど中るともう中らない、だから大丈夫。

2、シーラは、中るときは、たまたま運が悪かった、小さいサイズのシーラは中っても今日のような大きいシーラなら、大丈夫。

この2の意見に励まされ、目の前、脂の乗ったシーラを見て、しり込みもできず、むしろ箸を持った手の方が、勝手に前に前に向かい、気がつけば箸は、シーラの脂身ののったおいしそうな切り身を掴んでいました。

さらに、意見は続きます。シーラに中らないようにするためには、醤油に酢を混ぜて食べると、酢には殺菌作用があって、中らないと山城興善さんが言っています。ほんとかな?と思っていても、もう松葉博雄のお口の中には、シーラの、まるでトロのような脂身の刺身が踊っています。

饒波棟重さんが、ガスコンロの上の大きな鍋と格闘しています。おいしい料理を作ろうと、ホースから鍋に向かって、水道水を放水しているようです。

1ヵ月ぶりの、朝日会です。

まるで、家に帰ったような気分です。

沖縄の海で、沖縄のみなさんと、沖縄の空気に触れて、沖縄のオリオンビールを飲んでいる、松葉博雄は、大変幸せそうです。

2006年10月8日(日)

コメントを残す