沖縄県恩納村前兼久沖の追い込み漁 第76回沖縄訪問(13)

沖縄県恩納村前兼久沖の追い込み漁~アオブダイ、タコ、シャコ貝、小鯛~
【第76回沖縄訪問:沖縄県恩納村朝日会、鰹つり、追い込み漁 その13~】

父の日を迎え、朝日会のお父さん達は、今夜のパーティーのための食材確保に向って、珊瑚礁の海に船で出て行きます。

臨時海人

そうなると、松葉博雄も臨時海人になります。とても、凛々しいので奥さんにお願いして写真に収めてもらいました。

臨時海人

タコ捕り名人、上間光元さんを船頭さんをにして、朝日会追い込み隊が始まります。

ムーンビーチの浜辺

登川喜永さん、松葉博雄、それから、冨着勝弘さん、金城正則さん、饒波(のうは)棟重さんの六名が参加です。天気は快晴です。波はありません。

朝日会追い込み隊

恩納漁港を出たのは、真昼の1時半です。照りつける太陽を頭上に頂き、船は、珊瑚礁の隙間に広がる漁場を目指して、白波を蹴って進んでいきます。

朝日会追い込み隊

沖から見るムーンビーチの浜辺には、白い砂浜にカラフルなパラソルが整然と並び、街から来たおにいちゃん、おねえちゃんが太陽の恵みを身体に焼き付けています。きっと今夜は、火傷のように日焼けがうずいて、シャワーも浴びられないほど、ヒーヒー言うはずです。

朝日会追い込み隊

魚に逃げられないように、そーっと網を広げ、下の部分の隙間を、周りにある石を拾って、重石に置き、隙間を塞いで、魚の逃げ道を塞ぎます。

タコ捕り名人、上間光元さん

左右に広げた網は、近くの珊瑚の岩に括り付け、両手を広げたような、形を作り、網が張り終えると、一斉に水面を叩き、小石を拾っては投げつけ、魚の群れを下手から、網の方向に向って追い込んでいきます。

タコ捕り名人、上間光元さん

何回も同じ事を繰り返して、場所を変えて、成果を積み上げていきます。途中で、岩陰に隠れたタコを、上間光元さんが発見しました。

タコ捕り名人、上間光元さん

タコは、保護色をして、岩に同化をしています。ちょっと目が慣れないと、タコやら岩やらわかりません。それが、上間光元さんは、一瞬に隠れたタコを見つけて、ヤスで突き、逃しません。

タコ捕り名人、上間光元さん

刺されたタコは、必死にもっと奥の方へと逃げ込みます。素潜りで、タコを追っかけているので、時々は、浮上して息継ぎをしては、また、タコを引きずり出すように格闘しています。

タコ捕り名人、上間光元さん

たこは、少しずつ、弱ってきて、吸盤で岩にしがみ付く力も弱くなり、海中には、タコが噴出す墨が漂ってきます。タコとの我慢比べが続き、そして、上間光元さんは、タコを仕留めて浮上して船に戻ってきました。

タコ捕り名人、上間光元さん

一回ごとに、網に掛った魚を、網から解き、網を元の状態にする、手作業の仕事があります。危ない魚もいて、針に刺されると、危険な魚もいます。

網に掛った魚

刺されないように、身長に魚を網から解いていきます。



プロとアマの違いを感じるのは、潜って浮上する間の動作です。一度潜ると、上間光元さんは、何かついでの事をしています。

第76回沖縄訪問

たとえば、追い込みをしながら、タコを見つけるとか、タコを捕りながら、シャコ貝やさざえを拾っているとか、無駄がありません。

今日の大物はアオブダイ

今日の大物はアオブダイです。かなり大きなアオブダイが網に掛りました!暴れて、逃げることもあるので、上間光元さんは、すぐにアオブダイを押さえにかかり、逃げられないように抱きかかえいます。

今日の大物はアオブダイ

4時を過ぎた頃、追い込み漁を終了し、港に帰ってきました。今回の追い込み漁で、網は4回張りました。

第76回沖縄訪問

上間光元さんのタコの捕るところもしっかりと見ました。どこにタコがいるのか、すぐに見つける業はたいしたものです。4回ほど入れた中で、クーラー一杯になるほど、魚が捕れました。大物もとれたので、大変満足です。

今日の大物はアオブダイ

これほど大きいアオブダイは、朝日会でも評価が高く、一同の皆さんが感心して見ています。誰が、捕ったのかという決定はありません。

今日の大物はアオブダイ

皆で追い込んで捕ったのです。ですから、臨時の海人の松葉博雄も、捕ったと喜んでいいのです。すぐに、刺身になる前に記念の写真を写しました。

今日の大物はアオブダイ

これが今日の追い込み漁の成果です。食べきれないほどの魚は、分けて家に持って帰ってもらいます。食べられる量をこれから、夕方の父の日のパーティーに使います。

今日の大物はアオブダイ

 

2006年6月18日(日)

コメントを残す