沖縄恩納村前兼久村 友人達の家を訪問 第73回沖縄訪問(3)

沖縄恩納村前兼久村 友人達の家を訪問「朝日会」その2~庭にはバナナの実がなり 家の前は東シナ海の珊瑚礁 タイガービーチ~【第73回沖縄訪問:神戸空港から沖縄へ 神戸から沖縄が近くなりました その3】

朝、ゆっくりとした時間に起きて、ホテルから前兼久の恩納漁港に歩いて行きました。

今日も天気は曇天ですっきりとした沖縄日和ではありません。

朝日会に来てみると昨夜のジューシーご飯が今朝にはお粥になっていました。

誰も人影はいませんが、大きな鍋でタコを茹でているようです。もう一つの鍋では巻貝を貝殻付いたまま炊いています。

この巻貝は炊き終えるとひとつひとつ貝殻から貝の身を取り出す細かい作業が待っています。

誰もいないので、朝日会から車で、金城正則さんのお家を訪ねてみました。今、金城さんのお家では、釣具店を敷地内の別の場所へ移そうと工事をしています。そうすると、これまでのお店が空くので、それをどうしたらいいか活用法を考えています。

金城さんのお家を訪ねた後、今度は上間光元さんのお家に行きまし た。残念ながら上間さんはもずくの栽培の為に栽培所に行っています。丁度、上間さんの奥様はこれからお出かけの所でしたので、奥様にお会いしてお土産を渡 して帰りました。

次に、すぐ近くの冨着信常さんのお宅を訪れました。信常さんの庭にはバナナがなってます。あいにく奥様はいらっしゃいません。

今の季節はこれからがもずくの収穫のシーズンに入り、とても忙しくなるようです。予定では明日から海に潜りもずく獲りだそうです。今年一番の獲れたてもずくを私にくれるそうです。

その次は、登川喜永さんの事務所を訪問しました。登川先生はこれからお出かけのようです、事務のキョウコちゃんとしばらく世間話をしました。

お昼時になったのでこの辺りでどこで食べたらよいのか尋ねてみました。キョウコちゃんが教えてくれたので、すぐ前のお弁当屋さんに行って食べました。

この店は朝6時から開いているので、これからは、この店にお弁当を買いに来ると朝ごはんもいただけることが分かりました。

お弁当を食べた後は、仲村盛勇さんのお家へ行くと、あいにくと留守でした。仲村さんのお家は海の前で海に向かって、右側には全日空ホテルが遠くに見えます。

左側はタイガービーチとなっています。

浜辺は珊瑚の砂で、遠浅の珊瑚礁の海がリーフの向こうまで続いています。絶好のマリンスポーツ会場です。

ここだと裸で海に飛び出し、ボートもウインドウサーフィンも持ち運びの苦労がありません。

タイガービーチは今シーズンオフで閉鎖していますが、最近はこの敷地が売買されたようで、うわさではホテルが建設されるかもしれません。

仲村さんのお家が留守だったので、予定は変更して、南恩納村の方へドライブすることにしました。

国道58号線を走っていると、三星ライオンズが合宿をしているのが分かったので、その案内に従って恩納村にある赤間総合運動場にやって来ました。

ここでは韓国のプロ野球集団三星ライオンズが合宿しているのが分かりました。

のぞいてみましたが、お昼なので選手の姿はあいにく見えません。

この赤間運動場は野球場と陸上競技場とサッカー場とグラウンドが3面あります。

とてもよく整備されたグランドです。

今、沖縄には日本のプロ野球チームと、韓国プロ野球チームが各地でシーズン前の練習をしているようです。

少し散歩していると、ドラゴンズのマークの入った野球ボールを拾いました。

赤間運動場から、山越えして金武湾(きむわん)の方におりてきています。途中ヤンバルの森はいくつかの場所で宅地造成のような開発をしていました。ブルドーザーが入り込んで林を潰し石垣を積んで住宅を作っています。

この辺りの土地が住宅に変わっていけばヤンバルの豊かな生態系は崩れていくと思います。さらに下がって金武湾の近くまでくると水田がありました。

農家の方は水田に水を張り、苗植えの準備をしています。稲のように整然と植えられています。稲と思っていたら実は芋です。

芋を水田のようにして植えていることが分かりました。水田を突き抜けた所は金武湾です。

金城さんから、携帯電話があり、お家に来ないかというお誘いがあり、金武湾から急遽恩納村の方に方向転換をして、沖縄の石川を横断し、東シナ海の方に戻りました。

金城正則さんのお孫さんのクレアちゃんの膝の上に乗ってきて、アンパンマンの絵を描いてとせがみます。松葉博雄のアンパンマンの絵を描いてと頼まれましたが、絵を描く代わりに卓上のフライパンで玉子焼きを作り、甘いソースをつけてクレアちゃんに食べてもらいました。

2006年2月16日(木)

コメントを残す