一人で暮らす、恩納村リゾート生活では、朝ご飯は自分で作ります。

一人で暮らす、恩納村リゾート生活では、洗濯して干すのは、自分でしています。  第147回沖縄訪問(9)

沖縄で、恩納村で、一人暮らしをすると、面倒なのはご飯のことです。朝早いとお店は開いていません。朝ご飯は、自分で作らざるを得ないのです。

月曜日の朝です。今日もどんよりとした天気です。厚い雨雲が被さっているところは、雨が降っている地域だと思います。

昨日作った、サザエご飯に天麩羅を入れて、もう一度炊き直しました。味噌汁も作りました。

テレビのニュースでは、九州や、関西方面は今週梅雨入りになるそうです。と言うことは、沖縄はそろそろ梅雨明けです。

もう一つ、一人暮らしで面倒なのは洗濯です。洗濯物がたまってきたので、ここらで洗濯物を片付ける必要があります。洗濯は、機械で出来ても、干すのは手作業です。

その後、松田光正さんに電話をして予定を聞くと、何も予定はないということなので、ドライブに行くことになりました。

松田光正さんなら、とてもヤンバルに詳しいので、良いところに連れていってくれると思います。

さて、どこへ行くのかなと、58号線をずっと北上していきます。途中途中止まりながら、北上します。

松田光正さんは、いろんな所を知っているので、犬のマーキングのように、あちらこちらに止まりながら行きます。

あちらこちらで、美しい花が咲いています。こんな野辺の花も、鉢植えの花も、綺麗な花なら写真を撮りたくなります。

松葉博雄が自分で運転している時なら、駐車する場所も、写真を撮る場所も、自分で決めることが出来ますが、松田光正さんだと、そうはいきません。

なにやら広い敷地の中に、綺麗な花が咲いていたので、ひょっとすると、園芸品のお店かと思い、車を停めて、歩いて中に入っていきました。

温室の中に、女性が蘭の世話をしています。「何かご用ですか?」と言われて、「ここはお店ですか?」と確認すると、個人の趣味でやっている温室だそうです。

勝手に入ってきた非礼を詫びて、中を見せて頂くようにお願いをすると、どうぞご覧下さいと、気持ち良く見せて頂きました。やはりこれは、沖縄の人の人情の温かさです。

2014年6月2日(月)

コメントを残す