沖縄の祖先を祀る行事、清明祭(シーミー祭)です。

沖縄のご先祖様のお墓には、男系家族の皆さんが、一緒に合祀されています。 第146回沖縄訪問(19)

沖縄の祖先を祀る行事に、清明祭があります。沖縄のお墓は、内地の一人一基と違って、男性家系を軸として、同門の親戚の皆さんは、門中といって、同じ姓の人達は、一つのお墓に祀られます。

今日は前兼久シーミー祭の日です。お天気はとても良い快晴です。シーミー祭の時間はまだ決まっていません。

シーミーの開始時間は、世話役が決めてくれます。何時になるのか、ホテルでじっとまっていると、10時頃に電話がありました。

朝食を摂っていると、今日のシーミーの始まりは、13時だという連絡がありました。それまでホテルで待機しています。

松葉博雄は、沖縄で一人でいる時自炊をしていますが、自分で作る料理と比べて、奥さんが作ってくれる料理には、赤、緑、黄の三色の野菜が入るように、気を遣ってくれています。

卵は、生卵で、卵かけ御飯にすることにします。

味噌汁には、ちゃんと三つ葉が使われています。この三つ葉があるだけでも、積もり積もって、野菜摂取の効果が現れます。

松葉博雄の奥さんは、今朝はやや早くから、朝食の用意のスタートに取り掛かっています。

時間が掛かるちらし寿司を作っているからです。なんと、松茸がふんだんにトッピングされています。この松茸は、今の季節のものではありません。松茸を加工して、瓶詰めしたものです。

13時からのスタートなので、もちろんお昼ご飯は頂きません。

12時半頃、シーミーの会場に向かいます。前兼久全体のシーミーなので、みなさんがお墓の前に集まってきています。

雨が降らなくて良かったですが、快晴の時はとても日差しが強いので、みなさんブルーシートで日よけをしています。この世話役をするのは、若い人の仕事です。

松葉博雄が金城家の門中のお墓に来たときには、まだ1人しか来ていませんでした。

1人の女性は、「あなたは誰ですか?」と尋ねてきたので、「私は神戸から来た松葉博雄です。」というと、「あ、金城正則さんのお友達ですね」と言われました。

そうです、松葉博雄の名前は、金城家の門中の人達は、よくご存知です。お土産を、ご先祖様の前にお供えします。しばらくすると、皆さんやってきました。

門中の代表は、金城正浩さんです。司会進行なしの、なんとなく始まるシーミー祭です。

お墓の前には、各家から持って来たご馳走が並んでいます。ご先祖様のお墓に向かって右手が女性席、左手が男性席です。

金城正浩さんのお話では、以前のシーミー祭のご馳走は、重箱に詰められたご馳走でした。最近の流行は専門店で購入した、揚げ物中心のオードブルが多いのが傾向です。

門中代表の金城正浩さんは、西の方向に向かってお詣りをして、そしてご馳走を捧げて、それからウチカビを焼いて、あの世の祖先に気持ちが籠もった、紙のお金を焼いて送ります。

焼いて送るお金のことを、ウチカビと言います。それが終わると正面のお墓にお線香を立てて、みんなでご先祖様に礼拝をします。

13時から始まって、13時半ぐらいまで続きます。なんとなく、続いています。中国式のお参りなので、お坊さんはいません。

2014年4月20日(日)

コメントを残す