津堅島を去ります。わずか3時間の滞在でも、津堅島の魅力を見つけました。

津堅島から、高速船で平屋敷港まで12分です。  第146回沖縄訪問(18)

津堅島とも、これでお別れです。わずか3時間程度の津堅島滞在でしたが、自転車を使ったことで、歩くよりは、てっとり早く、津堅島周遊が出来ました。

自転車を返して、フェリー乗り場に来て、にんにくを買いました。国産にんにくが、たくさん袋につまって700円でした。人参は津堅島で買わないで、本島の平敷屋港で買うことにします。

津堅島港では、津堅中59期生の5名の同期生の写真が掲載されています。多分、この5人は、小学校と中学校の9年間は一緒だったと思います。

おだやかな、鏡のような凪です。こんな静かな海は、滅多にありません。なにしろ、海面に津堅島港の、船着き場が映っているのですから、鏡のような水面です。

来るときと違って、津堅島から帰るときは、あの建物は、小中学校だとか、建物の内容や、名前が浮かんでくるようになりました。

帰りの便は、高速艇です。高速艇は、フェリー便よりも、割高料金になっています。

帰りは17時50分発の高速船です。わずか12分でまた平敷屋港に帰ってきました。

平敷屋港に帰ると、待合室で売っている人参を一袋買いました。とってもたくさん入って、わずか500円です。

片山正喜さんは、3本あったら十分、ということで、3本差し上げました。

このあと、片山正喜さんを家まで送っていき、前兼久に帰りました。

今日は素晴らしい夕日です。ホテルに戻って夕日を見ようとすると、最後の沈む瞬間は、雲に隠れて見えませんでした。

松葉博雄が、津堅島に行っている間、奥さんは、金城千賀子さん、りえちゃん、クレアちゃんと一緒に、ドライブに行っていたそうです。

今夜は金城家に行って、晩ご飯を頂きます。こちらからは、新潟の稲庭うどんを持って行きます。

金城正則さんは、釣りに行って、甘鯛を何匹か釣り上げたそうです。その甘鯛を捌いて、湯引きにして造った刺身をご馳走してくれました。

神戸から持って来た、魚の卵の昆布巻きです。

金城千賀子さんが、海苔巻きを作ってくれました。

金城家で稲庭うどんを茹でて、たれの味付けは松葉博雄が担当します。

昆布、かつおで出汁を取り、醤油、みりん、砂糖を入れて、あとは蜂蜜も少々入れて、つけ麺が出来ました。とても美味しいつけ麺です。

稲庭うどんは、タレの味が良くて、大好評です。金城千賀子さんは、ぜひクレアちゃんにもこの稲庭うどんを食べさせてあげたいと、次のクレアちゃんの訪問日まで、冷蔵庫で保存しておくそうです。

お魚の煮付けも頂きます。今夜は持ち寄った食材で、大変なご馳走が出来ました。

i padで高松のU君一家を呼び出して、金城家からしばし通信しました。 21時半頃まで金城家にいて、その後はホテルに帰って、これで寝ます。さて、明日はシーミーです。

2014年4月19日(土)

コメントを残す