津堅島の中城湾港アギ浜地区では、自然の岩を壊して、漁港を作っています。

津堅島も、近くの久高島のように、島を壊さないで、美しい自然を子孫に残す考えがあればいいなあと思います。自然を一度壊すと、もう再生はできません。  第146回沖縄訪問(17)

津堅島のヤジリ浜から、再び自転車で津堅島巡りを続けます。気の向くままのサイクリングなので、どこに行きたいという目的地はありません。農道を走っていると、突然行く手をふさぐ、ショベルカーがありました。

その先は、ゴミ焼却場のようです。しかも、露天でのゴミ焼却です。都会地なら、絶対に許されない露天での焼却です。

津堅島の人と出会う場所がありました。ちょうど津堅島のにんじん、津堅島のキャロットを収穫している農家の人達でした。とても忙しそうに働いていて、松葉博雄が声を掛けても、返事もないほどでした。

次の避難場所の案内図は、海抜4mの中城湾港アギ浜地区です。

道路から、浜辺に続く道を見つけました。この細い道を通って、自転車を押しながら、浜辺に向かいます。

この時期、潮は大きく引きます。目の前の岩場は、普段なら海の水に浸かって、岩肌は見えない場所です。それが、今は相当先まで潮が引いて、岩場を濡れないで歩けます。

片山正喜さんは、足が水に浸かるほど、遠くに歩いて行っています。松葉博雄は、靴を履いているので、海の水に浸かると困るので、岩場で何かを探しています。すると蟹が行く手にはだかっていました。

左手が右手より大きい蟹です。蟹を捕獲して、どんな蟹か調べて見ることにします。帽子を使って、遠くから蟹に向かって、蟹が被さるように、帽子を投げると、上手く蟹に被さりました。

蟹も、きっとびっくりしたと思いますが、蟹を傷つけないように、そうっと帽子を開けて、蟹を捕獲して写真を撮ると、また、元のように蟹を逃がしてあげました。

途中、浜辺を削って、岩礁を削って、港を作っているところがありました。荒っぽいことをする港です。自然を壊して、港を作っています。これでいいのかなと思ってしまいます。

わずか数隻の船のために、この珊瑚礁を壊してしまっています。離島振興の名の下に、どんどんお金が投げ込まれて、壊さなくてもいい自然を壊してしまっているのは、胸の痛むことです。

ゆっくり回ったつもりですが、2時間もすると、島の一周は終わります。元来た場所に戻りました。

少し時間があるので、もう一度、別の方向から津堅島を回ってみます。更にぐるぐる回っていると、小学校がありました。津堅島小中学校です。小学校と、中学校が一緒の学校です。

この近くに、一年中かれない、「ホートゥガー」という水くみ場があるそうなので、階段を降りて行って見てみます。

昔、津堅島が日照り続きの時、鳩がこの場所で、いつも羽根を濡らしていたのを島の人が見つけ、その場所を掘ってみると、水が湧き出たという話があるそうです。

自転車がやっと通れるほどの細道が、向こうの方に続いています。片山正喜さんに、この先も行ってみるかどうか尋ねてみると、もう時間も迫っているので、ホートゥガーを見るだけにします。

階段の上から見える景色は、とてもきれいです。こんな景色、どこかで体験したことがあります。思い出しました。伊是名島の屋蔵大主のお墓の有る場所です。

御神体がまつられています。子孫繁栄の神として崇められているそうです。

HOTOGA 1949.12.8 改竣と書かれています。

小さな水溜まりがありました。これが昔なら、小さな命を繋ぐ、湧き水です。

崖の階段から、少しずつ西に傾いていく太陽を見ています。日が沈むまで見ていたいのですが、帰りの船便は17時50分なので、そうもしておられません。

津堅島は、荒々しい岩場もあれば、子供達が泳げる綺麗な砂浜もあります。小さな島でも、丹念に回ってみれば、津堅島100景ができそうです。

津堅島の海に近い、畑には利用できないような、やや丘陵地にお墓の集まっている場所がありました。お墓の作りは大きく、津堅島を開拓していった人達のお墓かもしれません。

かくして、津堅島一周のサイクリングは終わりました。およそ3時間かけて、津堅島を一周しました。前に来たときよりも更に、津堅島に詳しくなりました。

2014年4月19日(土)

コメントを残す