津堅島のヤジリ浜には、アフ岩が見えます。

津堅島のアフ岩までの海峡には、もずくの養殖場が広がっています。  第146回沖縄訪問(16)

津堅島を自転車で回っています。にんじん展望台から、神谷観光の神谷荘に来ています。

浜辺に面して、海水浴には絶好のロケーションです。敷地の中には、芝生やトックリ椰子の木が並んだ広場があります。

以前に、子供達と海辺で遊んだ場所は、ここだったような気がしてきました。沖縄は5月が近くなると、ユリの花が咲く時期になります。今頃伊江島に行くと、きっと100万本のユリの花が咲く頃だなあと、連想してしまいます。

津堅島は、神谷(かみたに)さんだらけです。フェリーボートも神谷、民宿も神谷です。

以前来たことがある、神谷の民宿がある浜辺に来ました。片山正喜さんは、こんなに整った、人の手の入った海は、気に入らないそうです。もっと素朴な、沖縄風の手の入っていない浜辺の方がいいようです。

更に島を回ります。津堅島は、ぐるっと回っても周囲8キロです。となると、直径は1キロ以内です。

夏の賑わいに比べて、4月の平日の津堅島の民宿は、実にひっそりとしています。

津堅島の人口は、平成25年の時点で525人です。自転車で津堅島を回っていても、あまり人と出会いません。夏になると、人口以上に観光客がやってきます。そうなると、島の賑わいが戻って来ます。

浜辺から畑のある内陸部の方に、方向を変えてみます。ほとんどが平坦な土地なので、上り坂・下り坂などはありません。

人参畑は、目下収穫中の畑もあれば、これから人参を植えるために畑を耕し、畝を作っている畑もあります。そうなると、人参の収穫時期は、一時期に集中しないように、分散しているようです。

時々、避難場所の案内図があります。東日本大震災のあとから、津波に対して高いところに見えるような、案内板が設置されています。現在地は、地図に向かって左端にあります。

しばらく行くと、ヤジリ浜につきました。北側にはアフ岩と呼ばれる小さな無人島があります。あの島ぐらいなら、泳いで渡れそうなぐらいの短い距離です。間に少し深い場所があり、その辺りは潮が流れているようです。

そこに潮が流れる水道があり、その辺りは浅瀬のようです。今日は土曜日で、学校が休みなのか、子供達が遊んでいます。岩場で土地のおじさんが、何かを捕っていたので、見せて貰うと、海草のツノマタでした。

潮の流れが良いのか、もずくの畑が付近にありました。片山正喜さんは、津堅島なら、片山正喜さんの住んでいる同じうるま市で、家からも近くて、このヤジリ浜の浜辺が気に入ったようです。

水着があれば、今すぐにでもこのヤジリ浜で、遊んでみたい気持ちです。あの、アフ岩にも泳いで渡りたい気持ちです。

潮の流れがよくて、少し深い場所には、鉄筋を打ち込んで、もずくの養殖場を作っていました。

少し濃く見えるような、整然と区画された、深みのあたりが、もずくの養殖地です。

2014年4月19日(土)

コメントを残す