東洋飯店で、金城家の皆さんとお祝いの食事会です。

東洋飯店のコース料理は、出てくるピッチが早いので、もう少しゆっくりしてくださいとお願いしました。 第146回沖縄訪問(7)

「中華料理専門店 東洋飯店」に、金城家の皆さんと着きました。場所は北谷店です。

今夜はここで、金城家の皆さんのお祝いです。松葉博雄主催のお祝い会です。

大人8名と、子ども1人の、合計9名の参加です。金城家の皆さんと、久しぶりに大勢で中華料理をいただきます。一品料理は、選ぶのが大変なので、コース料理をお願いしました。

久しぶりにクレアちゃんとお会いしました。随分と背が伸びています。そして顔が小さくなったように見えます。それは、バレーボールをしているので、どんどん背が伸びたからです。

松葉博雄の奥さんが見立てた、ZARAの服をプレゼントしました。クレアちゃんは、早速袋から服を取り出し、背丈が服と合うか合わせてみました。どうやら、予想通りぴったりです。

コース料理は、9品出ます。しかし、その出方がとても早いので、「もう少しゆっくりしてください」とお願いしました。

若い人達を前にすると、松葉博雄と奥さんは、つい人生訓を垂れてしまいます。

教訓を聞きながら食事をしても、若い人達には料理が不味くなるので、そこそこのところで切り上げです。

今日のコース料理は、皆さんに好評でした。これより少し前、金城千賀子さんは、東洋飯店に下見に来て試食したそうですが、お昼のランチより、遙かに美味しいという評価でした。

またまた迷います。皆さんが美味しい美味しいと言いながら、中華料理を頂いているのを見れば、松葉博雄も、もっと食べたくなりますが、食べれば必ず太ります。

太るとお腹が出て、ズボンが窮屈になり、さらに血圧も上がるかもしれません。

血糖値も上がるかもしれません。若いときは、こんな健康上の心配をしながら、美味しい料理を前にして、控えることなどは、一度もありませんでした。なんという皮肉でしょうか。美味しい料理が食べられるようになったときには、ブレーキがかかるのですから。

オリオンビールを何杯か飲みました。すると、ビールでお腹が膨らみ、お料理が入りません。そこで、ビールの後は、久米島の久米仙です。かなり一生懸命飲みました。とても美味しいお料理でした。

炒飯が出た頃は、コース料理の終わり頃です。ここまで頂いている間に、金城家の皆さんとの会話は、かなり弾みました。

沖縄には、電車が走っていません。バスは走っていますが、あまり利用されていません。皆さんほとんどマイカーです。マイカーだと、運転する誰かは、アルコールが摂れません。

何人かのノンアルコールビールを飲む姿を見て、お気の毒に感じます。お祝いの宴なのに、アルコールなしは、辛いものがあります。

定刻に運行する電車は、電車の時刻を気にするようになりますが、電車のない沖縄の文化は、時刻を気にしません。

終電もありません。このため、お酒が深くなる場合は、かなり遅くまで飲むことになります。

今夜は、平日なので、明日クレアちゃんの学校もあり、皆さんの仕事もあるので、終電車の時刻がなくても、大人の良識で、そろそろおひらきです。クレアちゃんと並んで、記念写真です。

金城家の皆さんが、ホテルまで、松葉博雄と奥さんを送り届けてくれました。

満月の夜は、もう過ぎましたが、少し欠けた月が、西の空から昇ってきています。

部屋に入る途中で見た月は、これから中天に昇る月です。まだまだ夜は長いのですが、ホテルに着くと、美味しいお酒が急に眠気を誘い、ばたんきゅーで寝てしまいました。

2014年4月17日(木)

コメントを残す