「愚公、山を移す」の諺通り、名護市勝山では山が移動しています。

嘉津宇岳の「農村喫茶夕日の丘」からは、知花砕石鉱山が、勝山の山を移す様子が、眼下に見えます。 第146回沖縄訪問(3)

嘉津宇岳の「農村喫茶夕日の丘」が、今日の片山正喜さんが企画した目的地です。

嘉津宇岳の「農村喫茶夕日の丘」は、片山正喜さんのオススメの場所です。

農村喫茶夕日の丘は、名護市勝山90にあります。

名護を通って、更に北へ行くと砕石場がありますが、そこから山に登って行きます。

目的地の昼の絶景 夜の星空 「夕日の丘」が、見えてきました。

歩くと大変な山道ですが、車で登れば、名護からは10分くらいの近場の丘です。丘に登ると、ポニーが2頭いる柵がありました。

馬よりやや小さいポニーが、近付くと、ポニーも近付いてきます。

4月の下旬になると、沖縄では白百合があちらこちらで咲き始めます。

農村喫茶夕日の丘に着きました。ここから見る景色は、砕石現場が下に見えます。

合資会社 知花砕石鉱山事務所が、山を削って道路工事に使う、割栗石を砕石しています。

いま削っている山は、元々は農村喫茶夕日の丘よりも、高い山だったそうです。それが削りに削って、今では遙か目の下に見えます。

農村喫茶夕日の丘で昼食です。この農村喫茶夕日の丘は、夜になるとカラオケ道場になるようです。

カウンター席に座って、店のオーナーの女性の方に料理を注文します。

一人で切り盛りしているようで、注文を聞くと、台所に入り込んで、カウンターには誰もいません。誰もいないカウンターからは、先ほどまでオーナーさんが見ていたテレビの音が、うるさく聞こえてきます。

名護湾を見下ろす、素晴らしい景色ですが、お昼のドラマのテレビの音が、風景をぶちこわしています。よくあることですが、テレビをつけることが、サービスだと勘違いしているお店もあります。

注文した料理が出来るまで、やや広いホールを、一巡してみると、隅の方に、大きな掛け時計がありました。

注文した料理は、松葉博雄は日替わり定食、奥さんはそうめんチャンプル、片山正喜さんはサンドイッチです。

もちろん、片山正喜さんの運転があるので、松葉博雄は、ビールを頂いています。

カラオケが始まれば、三線も活躍し、三線に合わせて踊るようなお面もありました。

定食は、量がとても多くて、御飯には手が出ませんでした。

意を決して、女性のオーナーさんに、うるさいテレビの音を消してもらいました。テレビの音が消えると、名護湾を見下ろす素晴らしい景色を、覆い隠していたベールが、はがれるように、主役のように現れてきました。

とても良い景色で、名護湾が一望できます。とても良い場所でした。

テレビの音が消えたので、女性のオーナーさんとも、会話が出来るようになりました。でも、そのときはもう、この農村喫茶夕日の丘を、去るときでした。

もう一度、知花砕石鉱山が、勝山の山を削った地形を見てみます。昔、中国の諺に、「愚公、山を移す」という言葉がありますが、コツコツ、山を削り取って、砕石を続けていると、いつの間にか、高い山も平地になっているのです。

平地の一部に、小さな溜め池が出来ていて、雨水が溜まった場所があります。

それとは違う色の水が、小さな溜め池になっています。ひょっとすると、下から湧いた湧き水が出ているのかもしれません。こうなると山を削って井戸を掘る、という結果になっているのかもしれません。

2014年4月17日(木)

コメントを残す