ずけやま(恩納村前兼久)は、江戸前寿司のお店です。瑞慶山良次さんは、東京築地で寿司職人の修行をしています。

ずけやまのお店は、恩納村前兼久ムーンビーチホテル入り口にあります。客層は、観光客中心です。 第146回沖縄訪問(1)

沖縄訪問です。今回の沖縄訪問の目的は、恩納村前兼久のシーミー祭に参加することです。今回は奥さんも一緒です。

ANAの便と言っても、実際はソラシド航空です。あの、ドレミファソラシドの、ソラシド航空です。定刻通り、飛行機はフライトを始めました。横一列は全部で6列です。窮屈な席です。これから1時間55分のフライトです。しばらく寝ていることにしました。

18時40分頃、沖縄が近づいてきました。窓から見える沖縄は、もうすぐそばです。

18時50分、予定通り、那覇空港に着陸です。今日のソラシド航空は、バスでターミナルに移動する、ちょっと不便なアクセスでした。この後飛行場のロビーを通過します。いつもの水槽の、ナポレオンフィッシュです。元気にしています。

沖縄レンタカーに迎えに来て貰います。沖縄レンタカーは、今、事業縮小の最中で、社長以下3人で運営しているそうです。150台近くあった車も、今では40台に縮小しています。

この後、高速道路を通って、前兼久に行きます。

20時半頃、ホテルに着きました。この時間は、遠くのお店に食事に行くには遅いので、近くのお店にします。

今日は初めての店ですが、「琉球料理 ずけやま」というお寿司屋さんに行きます。

中に入ると、生憎お客様は誰もいません。松葉博雄と奥さんの2人だけです。最初に、ビールを注文して、その後、お寿司を頂きます。

お寿司が出来るのを待っている間、店の装飾品に目を遣ると、鳥の綺麗な絵がありました。つい写真に写していると、この絵は、ここの主人の瑞慶山良次さんの、高校の先生がプレゼントしてくれた絵だそうです。

これだけの絵が描けるということは素晴らしいです。

お寿司を食べながら、瑞慶山良次さんのお話を聞きます。ここの瑞慶山良次さんは、東京の築地で、寿司職人の修業を10年していたそうです。今の店は、7年前にオープンしています。

松葉博雄は、名刺を出して、色々な質問をしている理由を先にお話ししておきました。サービスマーケティングの研究をしているからです。

瑞慶山良次さんは、石川の出身で、前兼久の地域との繋がりを、あんまり持っていないようです。むしろ松葉博雄のほうが、このあたりの人の名前をよく知っていました。

瑞慶山良次さんは、石川と前兼久の距離の違いを、意識していましたが、神戸の方からみると、石川も前兼久も近いように見えますが、住んでいる人から言うと、石川と前兼久は、ずいぶんと違うようです。

従って、このあたりの地域の人との交流はあまりないようです。お客様は90%が旅行客です。そのために、忙しいときと、暇なときの差が大きくて、経営に大きく影響しているそうです。忙しいときは、身内に手伝って貰っています。

4月は暇なときなので、応援に来ていません。瑞慶山良次さん自身が、包丁を握っています。このあたりの前兼久の人のから、「ずけやまは高い」という噂を聞いていました。

しかし実際の所そんな高い値段ではないのですが、やはりそれは、地域の住民から見た値段だと思います。

もともと沖縄の皆さんは、那覇は別として、中部や北部の人達は、お寿司を食べる機会があまりないのです。内地によくある回転寿司も、このあたりにはありません。

従ってお寿司を安く食べるという文化、あるいは風習がないのです。沖縄そばだったら、600円か700円でおなかいっぱいになります。でもお寿司だとそうはいきません。

文化の違いというものが、なかなかお客様を獲得できないという理由に見えました。

ずけやまでお寿司を頂いた後、ホテルに帰ります。テレビを見ていると、宮入一芳さんから電話が入っていました。電話をしてみると、宮入一芳さんは今は沖縄にいて、しかし、明日東京に帰るそうです。ニアミスです。残念ながらすれ違いです。

前兼久はどのように変わっているか、また明日から気がついたことを調べていきたいと思います。

2014年4月16日(水)

コメントを残す