そば打ち入門セットは、通販で1万円以内で揃います。その日からそば打ちが出来るそうです。

そば打ち入門セットがあっても、その日から、そう簡単に、そば打ちができないことが、銅谷賢治さんの指導で分かりました。 第145回沖縄訪問(8)

恩納村冨着のホテルモントレ沖縄の、鬱陶しい巨大な遮蔽物に、異論の声を聞いていますが、銅谷賢治さん宅も、気の毒なぐらいの被害者です。

段々と周りが暗くなると、海も見えなくなり、ホテルモントレ沖縄も見えなくなりました。片山正喜さんが、潜って収穫した蛸を、これから炭火で焼くそうです。銅谷賢治さん宅のベランダで炭火を起こして、蛸の炭火焼きに取り掛かっています。

今夜は、銅谷賢治さん宅で、手打ちそばをいただきます。お蕎麦と言っても、沖縄のそばではなくて、内地の手打ちそばです。手打ちそばを、銅谷賢治さんが打ってくれています。松葉博雄の家族は、それを見ています。

銅谷賢治さんの奥さんのお母さんが、今年も新潟から、年末年始のご馳走作りの応援に来ています。

銅谷美奈子さんのお母さんが作った、新潟の郷土料理を一緒にいただきます。とっても美味しい味です。銅谷美奈子さんのお母さんは、赤ちゃんをあやしてくれました。なかなかお上手です。

いよいよ手打ちそばのスタートです。一番近くで、そば打ちを見せていただきました。そば粉だけでそばを打ちます。つなぎの小麦は無しです。

まず、沖縄大宜見産のそば粉を使って、そばをこねます。上手くいくかどうかは、水の量が決め手だそうです。水の目安は、そばの指触りを感じながら、水を足していきます。

水を入れるのを、どこで止めるかが、そばの硬さを決めるポイントだそうです。鉢の中でこねてこねて、そしてだんだん三角形の形になってきました。

これをまな板の上にのせると、今度はそば打ちです。そば打ち棒を使って、ゆっくりのばしていきます。少しずつ四角形に、そして均等になるようにのばしていきます。

そば粉を振りながら、くっつかないように、はなれないように振っていきます。

見ていると、そんなに難しいとは思えないそば打ち技術も、やってみれば、難しいのです。

小学校で体験した、粘土細工の授業の時は、ねんどに水を混ぜて、のばしのばししながら、縄状にして、コップを作っていきました。あのときも、お手本を見ていると、 僕にも出来る、と思いました。

銅谷美奈子さんのお母さんが、新潟から持ってきた食材は、くわいです。くわいを使って作ったお料理は、くわいの素揚げです。

くわいは「芽が出る」ということで、正月に食べるおせちなどで、縁起物とされています。

片山正喜さんは、誰とでも気さくに、遠慮無く会話をしていく人です。

銅谷賢治さんと、銅谷美奈子さんご夫妻の長女、銅谷理緒さんは、お正月休みで、北海道の大学から帰省中です。普段は静かなお家も、年末年始は賑やかそうです。

銅谷賢治さんのそば打ちも、大詰めに差し掛かってきました。円錐形のそばが、一枚の風呂敷のように大きく、薄く広く、広がってきています。大きな四角形になると、今度はそれを三つ折りにして、包丁で切っていきます。

そば切り包丁は、見た目には中華包丁のように大きな包丁です。しかし、そばを切るのに刃物は要らないので、そば切り包丁には、鋭い刃は付いていません。

じっと見ていると、銅谷賢治さんから、松葉さんもやってみませんか?と言われて、松葉博雄親子は、促されてそば切りを、やってみました。最初ですから上手くいきません。

上手くいかないのはどういうことかと言えば、2ミリ位の均等な幅で、切りそろえていくことが出来ないことです。

要領は、そばの上にそば包丁を当てる板があり、板を均等に横移動すれば、それで均等に切れるわけですが、板を均等に横移動するには、そば切り包丁で、少し板を押して移動させます。

そのとき、まっすぐにそば切り包丁が、垂直にそばを切り割いていなければ、そば包丁が、そばの上の板を、均等に横移動していなくて、少し斜めになります。

少しの傾きは、何回か切り落としていくうちに、段々とそばの不揃いに繋がっていきます。つまり、正しくそば包丁を切り下ろし、正しく横移動させていなければ、均等に対する矛盾が大きくなって表れてくることになります。

2013年12月31日(火)

コメントを残す