沖縄かぐや姫でソーキそばを食べると、魚泊までもうすぐです。

沖縄かぐや姫には馬場があり、馬が飼われていました。 第144回沖縄訪問(9)

時刻は1時をまわり、いつものように1時をまわるとお腹が空いて、お昼ご飯を食べたくなります。どこか、ドライブの途中で、軽食でもないものかと、周囲の看板を見逃さないように進んでいます。

東村に入り、有銘小中学校の近くまで来ました。学校があるくらいだから、人も多く、人が多ければ、飲食店もあるだろうと、期待が湧いてきます。

見つけたところは、花と竹の公園 沖縄かぐや姫です。この中に軽食のお店があります。

鉢に植えてある花を、ビニールハウスの中で育てています。

たくさんの花が咲いていました。

沖縄の温室は、温度が高い夏には、光を遮る遮光をして、直射日光から植木を守っていました。

ビニールハウスの隣には、観光用の乗馬施設がありました。

馬が一匹、柵の近くに近づいていました。乗るのが気の毒なような、やせて背骨が見えているような、細さです。

花の展示を見ている間に、ソーキそばが出来上がりました。

これでお昼ご飯確保です。片山正喜さんに馬の話をすると、片山正喜さんも、ゆとりがあったら馬を飼いたいそうですが、日本競馬会に頼めば、競馬で使えなくなった馬なら、無料で払い下げてくれるそうです。

ただし、競馬用の馬は、神経が高ぶっているので、のんびりとした馬ではなさそうです。

お昼ご飯を食べた後は、魚泊まであと僅かです。前回、魚泊に来たときは、雨が降っている時だったので、足下が悪くて、60m下の海岸まで降りていくことができませんでした。

今日は穏やかな天気で、崖を降りていく通路も乾いていて、滑って転んで落下する心配はなさそうです。

白波が立っているリーフの辺りには、熱帯魚がいっぱいいるようです。運が良ければ、ウミガメとも水中で出会えそうです。

片山正喜さんを先頭にして、これから60mの崖を下に降りていきます。

2013年10月3日(木)

コメントを残す