片山正喜さんの愛犬リーの急逝で、お悔やみに行くことにしました。

神戸空港から那覇まで、琉球列島の島々には、片山正喜さんがリーを連れて、旅行した思い出があります。 第144回沖縄訪問(1)

片山正喜さんの愛犬リーが、9月30日に亡くなり、片山正喜さんにお悔やみの電話をすると、少し元気がなさそうなので、急遽、沖縄に行くことにしました。

その日の朝に決めたことなので、飛行機の便は、ANAの13時35分の神戸発那覇行きの便になりました。搭乗口から、飛行機の手前に来ると、今日のANAの便には、ソラシド航空と書かれていました。

しかも、宮崎県綾町の宣伝は、もりりんのゆるキャラで紹介されていました。

神戸空港が出来て、今年で9年ですが、神戸空港が出来たお陰で、沖縄に行くには、とっても便利になりました。JALは神戸空港から撤退しましたが、代わりに格安航空のスカイマークが神戸沖縄便を運行してくれています。

神戸空港に行く前に、モノレールで写した神戸港の写真です。神戸はとてもイイ街です。住みやすいし、都市のサイズとしても150万都市で、大阪・横浜のような巨大都市でもなく、住むのには手頃な都市サイズです。

今日の神戸から那覇へのフライトは、お天気に恵まれ、途中の離島がよく見えました。座席は進行方向に向かって右側でした。

飛行機の機長のアナウンスで鹿児島を離れると、トカラ列島、屋久島、種子島、奄美大島、与論島と、南西諸島が続きます。

飛行機の窓から見る離島は、思い出の残っている離島です。一度でも行ったことのある島は、上空から見て、見えない街や、見えない道路までが、頭に浮かんできます。

与論島を通過すると、沖縄県に入ります。細長く、南北に広がっている島は、伊平屋島です。伊平屋島の思い出は、一番北の端にある、橋で繋がった野甫島です。

伊平屋島の向かいにある島が、伊是名島です。伊是名島にも、片山正喜さんと、愛犬リーと一緒に行った思い出があります。

あのときは、自転車で行きました。車で行くときは、リーは荷台に乗せてもらっていますが、自転車の時は、リーは片山正喜さんの自転車に、伴走して走っていました。あのときリーは14歳で、人間なら80を超える高齢なのに、よく走っていました。

≫2011年2月23日

伊平屋島でも、伊是名島でも、片山正喜さんの側には、リーがいつも一緒でした。その愛犬リーが、老衰で亡くなったのですから、さぞ片山正喜さんも辛いことでしょう。

沖縄本島に近づくと、見えてきたのは、クロワッサン島と言われる水納島です。

沖縄本島を西回りに回って、那覇空港に飛行機は入っていきます。上空から見えたのは、海洋博覧会の会場です。

沖縄海洋博の会場を通過すると、次に見えてきたのは、名護湾を臨む名護市です。

飛行機の高い上空から見る景色は、JALのオクマリゾートで、遠くからでもはっきり見えました。

海中道路で繋がれた、平安座島、宮城島、伊計島が一つの離島のように繋がっています。この辺りには、片山正喜さんは、リーを連れてしょっちゅう来ています。

今日の視界はとても良かったので、畑の区切りまでが、はっきり見えました。伊計島の浜辺には、片山正喜さんとリーを連れて、シュノーケリングによく来ています。

≫2012年6月24日(日)

暑い日差しに焼けた砂浜で、リーは片山正喜さんが海から帰ってくるのをじっと待っていました。あの暑い沖縄で、毛皮のコートを着たような外装では、きっとリーも暑かったと思います。

石油基地を作った、海中道路で結んだ平安座島は、ほとんどの場所が立ち入り禁止地区です。無理もありません。石油タンクがテロの標的になると、大惨事が起きるからです。

海中道路を作ったお陰で、離島は本島と結ばれましたが、橋の堤防のせいで、潮の流れは変わり、今ではこの辺りの干潟は、死んだような干潟になってしまっています。

現代なら、大反対が起きそうな環境破壊が、すでに起きてしまっていたのです。

もう一つ、ひもで繋がったように見えるのは浜比嘉島です。浜地区と、比嘉地区があります。

浜比嘉島にも、片山正喜さんと、リーと一緒に来ています。そして、松葉博雄には、りんりんとよく似たシーズー犬のロッキーの思い出があります。

離島は続きます。津堅島です。津堅島には、子供達が小学生の頃、家族全員で海水浴に行った事があります。

暑い暑い炎天下の中を、船着き場から、海水浴場まで、歩いて島を横切った思い出があります。

神々の島、久高島が見えました。久高島にも、リーは行っています。

観光バスで回るように、遊覧船で離島周りとするようにソラシド航空機は、沖縄周辺の離島を転々と繋がる離島を見ている内に、飛行機は那覇空港に着陸です。

今日の駐機場は、ゲートのそばでなくて、バスに乗ってターミナルに向かいます。台風接近という事で、那覇の上空には、雲が垂れ込めています。温度は高く、蒸し暑い気温です。

2013年10月1日(火)

コメントを残す