恩納村の村有地を巡っています。

恩納村の村長は、志喜屋文康さんです。第143回沖縄訪問(17)

恩納村は、東シナ海に沿って紐のように広がる、細長い村です。恩納村の中には、多くの恩納村の村有地があります。

この村有地を使って、恩納村の公共施設を作っています。その中の一つの、「ONNA赤間ボール・パーク」に来ました。芝のきれいな野球場です。

このONNA赤間ボール・パークは、プロ野球球団のキャンプ地になります。ONNA赤間ボール・パークでキャンプを張るのは、韓国のプロ野球球団、韓国・三星ライオンズです。

ONNA赤間ボール・パークは、芝生が綺麗に輝いています。

ONNA赤間ボール・パークの中に入ってみます。整備されたグランドに、足跡を付けないように、フェンスの内側を歩きました。

ONNA赤間ボール・パークに入ってみると、外から見るより、うんと広く感じます。ホームベースの後ろから、向こう側にある外野の端を見ると、かなり遠くに見えます。

ONNA赤間ボール・パークを見学した後は、また、松田光正さんの運転する車で海辺に来ました。

向こうに見えるのは、これも恩納村村有地のナップ島です。ナップ島には、一度上陸したことがありますが、借地してホテルの警備員に上陸を拒否されたことがあります。

ナップ島は、恩納村村有地ですが、恩納村にあるホテルに、年間契約で貸与しています。

ナップ島が見える浜辺から、すぐ近くに、恩納村民間診療所があります。

恩納村の公営診療所は、医師不足のため、なかなか設立出来ないようです。それをカバーしているのが民間の診療所です。

診療所の周りには、高齢者の方が集まる、デイケアの場所もあります。

民間診療所のための、院外薬局の「みなみ薬局」がありました。

ドライブは続きます。表通りを避けて、農道や路地を走り続けると、次は恩納村役場です。

恩納村役場には、当然、恩納村村長と、恩納村議会があります。現在の恩納村の村長は、志喜屋文康さんです。

2013年6月14日(木)

コメントを残す