奥ヤンバルの里では、くつろぎの沖縄民家風宿が用意されています。

奥ヤンバルの里では、広い芝生と、川遊びが出来る、浅い川が遊び場に用意されています。 第143回沖縄訪問(13)

 「奥交流館 奥ヤンバルの里」に寄ります。とても素晴らしい所です。子供が小学生くらいなら、一緒に来て、奥ヤンバルの里に泊まって、沖縄の豊かな自然を体験させたい気持ちになります。

川が真ん中に流れていて、その周りに広い芝生広場があります。芝生では、パターゴルフが200円で出来ます。

これなら大人でも楽しそうです。向こうの山の麓に、一戸建てのロッジというよりかは、住宅が並んでいます。あの住宅が一棟貸しの宿舎のようです。宿泊費は、一戸2万5千円です。定員は、一棟8名です。

片山正喜さんと、ここで遅くなった昼食をいただきます。メニューは定食中心で、注文したのはソーキそばです。

片山正喜さんに運転をお願いしているので、松葉博雄はビールを飲んでもいいそうです。

広い芝生を目の前にして、沖縄の暖かい空気に包まれて、冷たい冷たい生ビールを飲むのは至福の時です。

奥交流館では、休日は沢山の人が来られるそうです。今日の平日では、ほんのまばらなお客様です。

奥ヤンバルの里では、家に退蔵している、5月の節句の鯉のぼりを提供してもらって、川の端から端へロープを渡し、集まった鯉のぼりを吊るし、季節を楽しむイベントにしているそうです。

貸し別荘用の建物は、川と並んで6棟あります。遠くから見ると、芝生に囲まれたこんな家が街中にあったらなあと、つい出来ない相談を考えてしまいます。

奥交流館 奥ヤンバルの里で、ソーキそばをいただいた後は、共同売店の店「国頭村奥共同店」に寄ります。

沖縄本島の一番北にある共同売店と言われている、国頭村奥共同店の前に来ました。ここは、以前にも訪れたことがある、奥共同店です。

ここでは「おくみどり」というお茶が有名なので、今回も、お茶を買いました。その他に、ビロウジュの葉で作ったうちわと帽子も買いました。

恩納村の土産物屋さんで買う値段とは、ずいぶん違う安い値段でした。このうちわを使って、今年の夏は暑さを凌ぎたいと思います。

2013年6月13日(木)

コメントを残す