ステーキハウス グリルキッチン Shige(シゲ)で、宮入一芳さん夫妻と夕食です。

ステーキハウス グリルキッチン Shige(シゲ)のおすすめは、Shige特製ハンバーグです。 第143回沖縄訪問(3)

冨着勝弘さんとは、朝日会で長いお付き合いをしていますが、息子さんがステーキハウスのお店を開いて、食事に来るのは今日が初めてです。

お店に入ると、真っ正面にステーキを焼く鉄板があります。その背後にキッチンがあり、鉄板の前では、冨着勝弘さんの息子さんが、ステーキを焼いていました。その後ろには、奥さんがサポーターとして働いています。

宮入一芳さん夫妻は、以前に神戸のさんプラザコンタクトレンズに、来られています。

ステーキハウスShigeでは、お肉だけでなく、新鮮な魚の刺身もあります。今日のお刺身は、マグロの中トロです。

宮入一芳さん夫妻と、冨着勝弘さんと、松葉博雄の4人で、まず乾杯です。オリオンビールのジョッキを飲みながら、話が弾みます。

宮入一芳さんの、shigeでのおすすめは、ハンバーグです。shigeのハンバーグは、ジューシーで、肉の美味しい旨みがハンバーグいっぱいに詰まっています。

ハンバーグがテーブルに届くと、宮入一芳さんは、すぐにナイフとフォークを使って、ハンバーグの真ん中を広げ、ソースを注ぎます。これは、誰にでも備わっている気遣いではありません。サービス精神の高い人が、自然に振る舞う気遣いです。

松葉博雄も、ステーキランチを注文しました。shigeの一番人気は、石垣牛を使ったステーキランチです。

あれやこれや、注文の料理が届くと、テーブルはお皿で溢れて、そこに泡盛を飲むための水や氷やコップが、置き場もないほど、お皿で一杯になりました。

shigeのお客様は、地元の人が多く、地元の人が利用するお店は、味が良いから、口コミで伝わっています。

お客様が一段落すると、冨着勝弘さんの息子さんが、冨着勝弘さんのお孫さんを連れて、テーブルに挨拶に来られました。

内地からのお客様で、馴染みの人も集まってきます。

冨着勝弘さんは、本業が建設業なので、shigeのお店作りにも、協力しています。

お孫さんを抱いて、冨着勝弘さんは、話に参加しています。

お店をしていると、人の出入りも多く、幼いときから多くの人の間で育っているお孫さんは、人見知りをしません。知らない人を見て泣く子もいますが、泣かれるよりは、懐いてくれる子供の方が可愛いと思います。

【ステーキハウス グリルキッチン Shige – シゲ -】

沖縄県国頭郡恩納村字冨着14-1

サンマリーナホテル・カフーリゾート・リザンシーパークホテル近く

2013年6月11日(火)

コメントを残す