盛岡冷麺が、なんで沖縄の名護にあるのでしょうか?

盛岡冷麺は、盛岡で開かれた『日本麺サミット』で、有名になりました。第141回沖縄訪問(3)

片山正喜さんが車の運転をしてくれるので、龍苑ではオリオン生ビールが飲めます。冷え冷えの大きなグラスジョッキに、泡が2割ほど浮かんだ生ビールを飲みます。

今日は、食べる気充分なので、かなり沢山注文してしまいました。あれこれ一度にテーブルに並ぶと、これだけ食べられるかなぁと、心配になります。

最初は、塩タンから焼いていきます。塩タンのイメージは、冷凍塩タンを、うんと薄く切った、輪切りのような塩タンのイメージですが、龍苑では、他のお肉と同じような厚さで、冷凍ではありません。

骨付きカルビもいただきます。骨付きカルビは、焼肉の中ではやや上等な部類に入ります。

塩タンと並んで、注文したのはホルモンとハラミです。

片山正喜さんと、最近の話題について話しながら、自分の食べる焼肉は自分で焼くという暗黙の了解のもとに、それぞれが箸を使って、手前側に肉を並べ、焼き始めます。

熱々のお肉をすぐに口に入れると、火傷をしてしまいそうなので、こんな時には、野菜の葉っぱ、サンチュを巻いて食べます。

1つ注文を忘れていました。キムチです。キムチを後から追加して、ビールと一緒にいただきます。

お店には女将さんと、もう一人の女性がいました。きっと、この家の家族だと思い、盛岡冷麺を注文して運んで来てくれた時、「ここのお家の方ですか?」と声をかけると、やはりそうでした。今日は春休みなので、子どもを連れてお店に手伝いに来ていました。

そこで質問です。「どうして沖縄の名護に、東北の盛岡冷麺があるのですか?」と尋ねると、この娘さんも、「どうしてでしょうね?」と知らない様子でした。

そこで、「ここのお家の方に東北に縁のある方はいないですか?」と誘導尋問をすると、「そうです、うちのお母さんが青森出身です」と、ここで繋がりました。

やはり名護と盛岡が繋がるには、その間に仲介となる人がいるのです。それがお母さんだったら、知らないではおかしいなあと、大笑いになりました。

盛岡冷麺は、焼肉でお腹いっぱいでも、別腹で食べられました。冷たい料理は、お腹いっぱいの時でも入りやすいです。

お勘定を払う時、女将さんに、「娘さんが盛岡冷麺の繋がりを知らないと言っていましたよ」と告げると、「そんな筈はないんだけどねぇ」と、ここでもまた大受けです。

お勘定してみると、いつもより大幅に多く食べていることが分かりました。それでも、内地よりは安いお値段です。

2013年3月22日(金)

コメントを残す