宮古島から沖縄本島の飛行航路に、離島が見えました。

宮古島から、沖縄本島までの間に、離島なんてあったかなぁ? 宮古島ツアー 第140回沖縄訪問(23)

宮古島から沖縄本島までの間に見えた離島は、座間味諸島の渡嘉敷島、その離島のウン島でした。

宮古島を5日間、レンタカーで走った走行距離は351.9kmでした。松葉博雄は、ほとんど運転しなくて、片山正喜さんに運転してもらっていました。

おかげで、あちらこちらの食事で、ビールを飲む事が出来ました。

宮古島空港に着いて、レンタカーの新里秀人さんに連絡をすると、すぐに車を受取りに現われました。

宮古島空港は、東京と直行便が有るため、関東からの旅行客が多数を占めています。

宮古島空港は以前と比べて、新しい建物に建て変わり、外見は東南アジア風のデザインです。

空港ターミナルに入って、チェックインをして、出発便を待ちます。宮古島を走ってる時、交通の要所要所に、人形の警官が設置されていました。それは、まもる君です。

宮古まもる君 (みやこまもるくん)は、 沖縄県の宮古島警察署 管内にあたる 宮古列島の道路などに設置されている 警察官型人形の愛称です。「 宮古島まもる君 」とも呼ばれ、2011年現在19基が設置されていて、全員が兄弟という設定だそうです。

東京からのJALの直行便は、機体にジンベエザメの絵が描かれています。

4泊5日の宮古島滞在はこれで終わりです。宮古島空港を飛び立つと、飛行機は青い海の上を飛んでいました。宮古島と沖縄本島の中間くらいの地点に、なにやら魅力的な島が見えました。

これまで、航路の直線上に離島があるとは思っていませんでした。片山正喜さんに「あの島に行きたいけど、どこだろう?」と尋ねてみても、思い当たる島がありません。

あとで調べてみると、渡嘉敷島の離島のウン島でした。この辺りは海が綺麗で、珊瑚も綺麗で、熱帯魚も綺麗そうです。

神戸空港に行くには、那覇で乗り換えて、しばらく時間待ちです。空港ロビーの熱帯魚を見ながら、片山正喜さんに暇つぶしのお付き合いをお願いしました。

片山正喜さんは、飛行場に車を預けていたので、那覇の中心街久茂地には、片山正喜さんの車で行きます。

那覇の国際通りは、沢山の観光客が行き交いしています。

これからどこで時間つぶしをしようかと考えて、行き着くところは牧志の市場です。

2013年2月18日(月)

コメントを残す