宮古島熱帯植物園には、宮古馬が飼われていました。

宮古島熱帯植物園の宮古馬は、やや小柄な体型です。 宮古島ツアー 第140回沖縄訪問(22)

宮古島熱帯植物園の宮古馬は、島で他品種と交配されることがなかったため、現代まで系統がよく保たれてきています。

宮古島市熱帯植物園は、広大な敷地です。その敷地の中には、植物園だけでなく、ライオンズの森もありました。

木に寄生する蘭や、木に絡みついて伸びる蔦なども、驚くように成長しています。

中央広場に向かって、左側の方に行ってみると、右側の植物園とは違う、ヤシの木のような高く上に伸びる木が集められています。

2月の太陽でも、日焼けしそうなくらい、強い日差しです。

さらに進むと、植物園の中に馬小屋があり、中に宮古馬がいました。

宮古馬はちょっと小柄な馬です。沖縄地方では、古くから小型馬が飼育されていたそうです。

14世紀には中国への主要な輸出品となりました。この馬は中国の小型馬が伝わったとする説と、朝鮮半島の小型馬が九州を経て伝わったとする説があります。

宮古島でも、13世紀以前から飼育されていたと言われ、離島で他品種と交配されることがなかったため、現代まで系統がよく保たれてきたそうです。(ウィキペディアより)

ぐるっとまわると、もうくたびれて、中央広場で片山正喜さんと一緒に一休みします。

神戸にいれば、今頃は寒い寒い北風で震えている頃なのに、宮古島では半袖シャツでも暑いくらいです。

そろそろ飛行場に向かいます。その前に昼食をとる事にします。ガイドブックで見た『ラーメンハウス ていだ』を探して、ぴったり行き着きました。

宮古島そばの専門店『ていだ』の入り口に、一日一麺と書かれてあります。

醤油味のらーめんを注文しました。大変な大きな器で、入ってる量もジャンボサイズです。

飛行機の出発時間まで、だいたいフルに宮古島を回り、そろそろ飛行場に向かおうかというくらいの時間になりました。

2013年2月18日(月)

コメントを残す