宮古島の東平安名岬と来間島を結ぶ海岸線は、随所にパノラマが広がります。

宮古島の東平安名岬を出て、宮古島の高級リゾート地帯を走ります。 宮古島ツアー 第140回沖縄訪問(18)

宮古島の東平安名岬から来間島までは、東から西へまっすぐの道です。

宮古島の形は、単純に言えば三角形の形をしています。下の地図で言えば、三角形の頂点が池間島、底辺の左が来間島で、右側が東平安名岬です。これから行くところは、底辺の右側の東平安名岬です。

片山正喜さんは、先日、眠たくて眠たくて、車の中で仮眠していたので、東平安名岬の灯台まで行っていません。今日は、お天気も良く、眠たくもないので、一緒に行きます。

でも、東平安名岬灯台は現在工事中で、灯台の美しい姿は見えません。それで、岬の所まで行くのを止めました。駐車場で車を停めて、今度は遠くから見る事にします。遠くから見る灯台の方が、いま工事中の灯台は、綺麗に見えます。

宮古島で鳥の声を聞くと、とても美しい鳴き声です。こんな鳴き声に朝、起こされてみたいものです。まるで新婚ほやほやの、初々しい若妻の起こす声のようです。

どこから東平安名岬を見ようか、車で農道をゆっくり進んで行きます。この農道は、観光バスの来ない、観光地図にも載っていない農道で、ここまで来れば、東平安名岬の灯台の工事をしている姿は隠されて見えます。

今まで、東平安名岬の景色で、見たことのない景観の場所に辿り着きました。高台から見ると、眼下にはサトウキビ畑が広がっています。

サトウキビの穂は、風が通る度に風の通る道を、サトウキビ畑全体で描いています。その先には、ため息の出るような、白い砂浜が広がり、湾曲した浜辺を作っています。その先の先端に、先ほどの東平安名岬の灯台がかすんで見えます。

右側に目を転じると、白い波が押し寄せる岬が、幾重にも続いて見えます。この海岸線は、これから行く予定の来間島に来間大橋で繋がっています。

海岸線に沿って、ゆっくり車を走らせると、至る所に珊瑚礁の海と、岬の美しい景色が続きます。

この辺りは高級別荘用分譲地になっていて、一区画は広く、どこからも海が見えるようなオーシャンビューの土地です。一戸建てを建てて住むような場所に今開発中です。

見た目は確かに綺麗ですが、いざ実際に一戸建てを建てて住んでみると、家の掃除は自分でしなくちゃいけないし、庭の草が生えたら草むしり、家が傾いたら家の修理が続き、せっかくバカンスに来たのに、することが家事ばかりで、何のためにリゾートに来たのか分からなくなります。

途中、色々な観光スポットがありました。中でも驚いたのは、とっても素晴らしい温泉です。

温泉の名前は南西楽園の「シギラ黄金温泉」です。

こんなところにこんな立派な温泉があるのなら、宮古島天然温泉で手を打つのではなかったと、今更反省です。

シギラ黄金温泉は、一日2000円で、露天風呂、展望風呂、サウナ、ジャングルプール、スイミングプール、カフェテラスなどが利用出来ます。

あぁ惜しかった惜しかったと、片山正喜さんと残念がりました。シギラ黄金温泉は、地下1250mから日量800tの良質の黄金の湯が湧き出ているそうです。

少しでも中に入って様子を確認しようと、車を停めて受付に向かっていきます。

受付より中は温泉施設なので、ちょっと見るだけでも、風紀上中に入れてもらえません。

車で周りをぐるぐる回り、雰囲気だけをあじわいました。

この近くには、ドイツ文化村があります。ここにも寄ってみたかったのですが、段々日暮れが近づいて来たので、来間島の方へ急いで向かいます。

2013年2月17日(日)

コメントを残す