行ってみました、宮古島の吉野海岸に。

行ってみました、吉野海岸の吉野のおじさんのテント村に。 宮古島ツアー 第140回沖縄訪問(17)

行ってみました、吉野海岸の景観を守る、吉野のおじさんの話を聞きに。

お天気が良いときは、沖縄は沖縄らしくなります。これから東平安名岬に行ってみます。宮古島の観光スポットの一つです。

途中、美しい景色を見つけました。珊瑚礁のリーフの内側に集落があり、港を造り、ここから船を出し、リーフの外に出て大きな魚を捕ります。

行ってみました、東平安名岬に続く、人家が少ない、昔のままの自然が残った沖縄に行ってみました。こんな自然の景色は、このまま昔のままでいて欲しい気持ちになります。

さらに先に行ってみると、日本通運野球部の沖縄合宿練習が見えました。

スローガンは『前進』です。『勝つための集団へ』と横断幕に書かれてあります。経営学的に考えると、集団では一致団結は難しいと思います。集団から組織へ移行すれば、勝つためのチームとして、一致団結を唱えるのではないでしょうか。

吉野海岸に行ってみました。吉野海岸の通称吉野のおじさんが居るかどうか気になります。宮古島に来る機会は少ないので、是非会いたいと思い、もう一度会いに行ってみました。14時頃吉野海岸に着きました。今日はとってもいい日和です。

太陽の輝きで、吉野海岸の砂浜は白く輝いています。吉野海岸に降りていくスロープを車でゆっくり走り抜けると、そこは吉野海岸の入り口です。

片山正喜さんも同行して、吉野のおじさんに会いに行ってみます。浜辺に降りて左側の方に進むと、2000年と2004年に吉野海岸に訪れた時と同じ場所に、吉野のおじさんの青いテントが見えました。

今日は、吉野のおじさんがいました。お久しぶりです。私が一昨日残していった名刺を見たそうで、今日、突然、松葉博雄が現れても、どなたでしたかね?と、言われることはありません。

この場所には、松葉博雄の次女が、仲良しの友達、島ちゃん、圓光ちゃんを連れて、3人で訪れています。

2004年以来なので、色々積もる話もあります。

行ってみると、遠竹さん(吉野のおじさん)は、今はもうここに住んでいないそうです。夜になると民家に移って、屋根のある生活をしているそうです。それは良かったですね、段々と地元に溶け込んでいるようで良かったですね。と、歳月の変化を感じました。

この近くの自宅から、毎日、吉野海岸にボランティア活動の為に出勤しています。インターネットのブログにも、吉野海岸の吉野さんで検索すると、沢山記事が出ているそうです。吉野海岸の吉野おじさんの通称で、自分自身でも、100人の仙人が集まろうと呼びかけているそうです。

遠竹さん(吉野のおじさん)の考えは、街の人が癒される田舎造りです。都市は社会的には豊かであっても、メンタル的には貧しくて、心を病んだ都会人は、田舎で癒して、また街に戻ればいいのです。

しかし、街の人がここに来て、永住しようと思って沖縄に行ってみても続きません。実際に移住してきても、2~3年もすれば、また街に帰ってしまう例を見てきたそうです。

移住よりも、長期滞在型の『癒しの仙人村』が理想のようです。

吉野海岸の吉野のおじさんが、吉野海岸で採取した珊瑚の枝を使ってネックレスを作り、吉野海岸に来る人来る人に声をかけて、ネックレスを差し上げているそうです。

その数は、年間1万本にもなるそうです。すごい数のネックレスを作り、これを一人一人に声を掛けて、心を込めて差し上げています。

もっともっと色々話す事があったのですが、片山正喜さんもいるので、少しの会話で、これからよろしくお願いしますということで終わりです。

電話番号の交換をしたので、後は連絡はつきます。松葉博雄も、社内広報誌の『さんぷら通信』を沢山渡しておきました。

この吉野のおじさんが吉野海岸の浜辺を綺麗にするお陰で、吉野海岸は毎日綺麗です。もし、海岸の掃除をしなければ、海流に乗って近隣の外国から、あるいは日本の広い地域から、漂流物がどんどんやって来ます。

でもこの吉野海岸で、吉野さんがあれこれすることに対して、やっかみとかヤキモチとか、或いは、ジェラシーを抱く人もいるようです。

下の写真は、2004年の時のテントから吉野海岸を写した写真です。風に揺られて、ビンが珊瑚とふれあって、綺麗な音を出しています。こんな、心を癒される景色に、当時癒されました。

 ≫2004年5月5日

風はどこから吹いてくるのでしょう。風は、目に見えて、耳に聞こえて、吹いてくるでしょうか? 風を感じようとすれば、風を受ける、見える物から、風を感じる事になります。

2013年2月17日(日)

コメントを残す