大神島は神の島です。大神島を壊すと、神の怒りをかいます。

大神島には、一番高いところに遠見台があり、遠見台に立つと神のパワーを感じます。宮古島ツアー 第140回沖縄訪問(12)

大神島には、島のあちらこちらに御獄(ウタキ)があり、多くの神が祀られています。

遠見台のデッキに車座に座り、その真ん中に色とりどりの小さな瓶を配置して、一人一人の女性が、瓶を開けては匂いを嗅いで、なにやら喋り、また次の人に同じ作法をリレーしています。

そこには6人連れの女性のグループがいます。邪魔をしないように見ていると、昔、京の都で流行ったような、香道のような作法です。

思い切って、「何をしているのですか?」と尋ねると、カラー研究会だということです。この瓶に入った色は科学的な合成物ではなく、自然のものから作られた色だそうです。

その色には、その色を作った生成物があり、その生成物の名前を、瓶の蓋を開けて、匂いを判断材料にして、当て合いっこしているようです。これは、オーラソーマというカラーセラピーのようです。

調べてみると、カラーセラピーとは、色を生活に取り入れることで心と体を癒す療法です。

オーラソーマとは、上下2層に分かれた100本以上のカラーボトルの中から直感で4本を選び、そのボトルから、心理状態、才能、未来の可能性などを知る手法のようです。

オーラソーマの研究をしているグループがなかなか遠見台のデッキの席を譲らないので、女ばかりの席に、男二人では居心地が悪くなり、仕方なしにもと来た麓に降ります。

降りるときに、木組みの階段から左右を見れば、まるで観葉植物の集まった植物園のような感じです。

こんな綺麗な観葉植物に囲まれた、カフェか、事務所か、アトリエか、はたまた温室でゆっくり本を読んだり、熱いコーヒーを飲んで、ゆっくりとしたハワイの音楽でも聴けたらいいなぁと思います。

この木組みの階段は、大神島出身の建設会社の寄付による階段です。

この階段があるお陰で、山の地肌を上り下りする危険性は無くなりました。

まもなく、登り口の所まで降りきった前方の植物に覆われた空間から、向こうの珊瑚礁の海と宮古島が見えました。

色とりどりに並んだ靴は、先ほどのカラーセラピーを研究する女性のグループの人達が脱いだ靴のようです。この靴の色を見れば、履いている人の心模様が分かるでしょうか?

耕地の少ない大神島ですが、島を上り下りしていると、僅かな平地に、集約的に耕された野菜畑がありました。島で生活する人に、充分な野菜のようです。

あまり洗練されていないハイビスカスの花が、あちらこちらに自生しています。

アダンの木と実が、海岸線よりはるか内陸部に自生しています。アダンの木は、海辺のすぐ近くにあるのが見慣れた光景ですが、大神島では、山の中腹に自生しています。

ゆっくり降りて行くと、途中民家がぱらぱらと見えました。広島県の三原や尾道のように、瀬戸内海の急斜面によく見られる、狭い狭い道を歩いて、上に上に家を作った、階段調の家です。

遠見台から平地に降りきると、芝生が広がる、島で唯一の広場がありました。この広さなら、島の人達が運動会をすることも出来そうです。

大神島には猫はいますが、犬は見当たりません。牛も、山羊も、馬も見当たりません。

広場の前にも、外周道路がありました。こちらも、この直ぐ先が外周道路の行き止まりになっています。

行き止まりの所まで歩いて行ってみると、これから先は、荒波が押し寄せ、工事をするにはかなりの難工事になりそうです。神の祟りだけでなく、ここに、自然を壊してまで外周道路を作る必要があるかどうか、島の人達も、熱心に望んだ道路かどうか分かりません。

ここから先は珊瑚礁の海なので、ウェットスーツの用意でもしていなければ、先には進めません。折り返して、船着き場の方に行ってみます。

2013年2月16日(土)

コメントを残す