格安航空機が全国から那覇に集まって来そうです。格安で来た旅行客には、格安のレンタカー、格安ホテル、格安食事、格安ツアーが求められます。

格安航空機が全国から那覇に集まって来そうです。航空機だけでなく、格安で来た旅行客には、格安のレンタカー、格安ホテル、格安食事、格安ツアーが求められます。第137回沖縄訪問(18)

LCC ローコストキャリア (Low-Cost Carrier) 格安航空機が全国から那覇に集まって来そうです。格安で来た旅行客には、格安のレンタカー、格安ホテル、格安食事、格安ツアーが求められます。

昨夜は、神戸に帰る支度をするつもりが、朝日会の後も飲み会に誘われ、かなり遅くまで深酒をしてしまいました。高杉晋作は深酒をした時に、「三千世界の鴉を殺し、主と朝寝をしてみたい」と詠みました。

松葉博雄の場合は、朝寝どころか、これから神戸に戻る準備をすることになります。昨夜の続きで言えば、沖縄とアロハ・オエです。沖縄とのお別れの歌です。

今朝は素晴らしい日和で、残波岬の残波ロイヤルホテルがくっきり見えます。あの美しい残波岬の灯台の白い姿が、前兼久からも見えます。

第137回沖縄訪問の大きなテーマは前兼久ハーリー祭でした。その前に台風4・5号が立ちふさがり、果たしてハーリー祭は出来るのかと、危ぶまれる時もありました。

饒波棟重さんから頂いた、沖縄の恩納村バナナを送る作業もあるので、金城正則さんの家に寄って、金城千賀子さんと段ボールにバナナが入るか、実際に入れてみると、バナナの方が大きくて、段ボールのもっと大きいサイズを探して頂く事になりました。

朝ご飯を食べて行きなさいと勧められ、朝昼兼用の食事を那覇空港でとるつもりでしたが、金城家で朝ご飯を頂きました。

那覇空港ではいつもの長崎皿うどんです。うどんといっても中身はそばです。

格安航空機の競争の時代に入ります。全国の需要都市から格安航空機を使って、沖縄にどんどん旅行者が集まると、沖縄経済にはプラスになりそうです。

しかし、価格競争の行きつく先は、先のJALの倒産に見られるように、副作用もあります。沖縄に到着したとき、沖縄レンタカーの社長が価格競争に陥り、従業員の人数を減らして、なんとか競争に耐えていると言われていました。

価格競争は、働く職場から働く人を減らす結果を生んでいます。那覇空港で、どんどん新規参入の低価格志向の航空会社の飛行機を見ていると、価格競争ばかりではなく、棲み分けも必要であると感じています。

2012年6月25日(月)

コメントを残す