真栄田岬のスクの群れを、一網打尽するよう夢見て、船はゆっくり、逃がさないように前進していきます。

スクの群れを、一網打尽するよう夢見て、朝日会の海人が乗る船はゆっくり、スクを逃がさないように前進していきます。 第137回沖縄訪問(10)

捕れたら大手柄です。スクの群れを、一網打尽するよう夢見て、船はゆっくりと、スクを逃がさないように、真栄田岬の岸辺に前進していきます。

前兼久漁港の灯台を過ぎた頃から、冨着信常さんの操縦する船は、真栄田岬を目指して猛スピードで突き進んでいます。船の前方の舳先は、海面から浮き上がるほど、波を蹴っています。

松田光正さんと松葉博雄が、先ほど見つけた所にやってきました。さてまだスクは居るでしょうか。船は速度を落として、魚を脅かさないように、ゆっくりと進みます。

ちょっとの間に潮が満ちてきています。先ほどの、珊瑚礁の岩場を歩いて上がれる状態ではなくなっていました。船から上陸すれば、全身が濡れそうです。こんなに潮が満ちて来ていると、歩くどころか、潜らないと網が張れません。ちょっとこれは誤算です。

3㎝くらいのアイゴの子のスクを捕る、編み目の小さい網は持ってきているのですが、網を張るためには、スクの群れが今どこにいるのか、ハッキリと確認する必要があります。

船から見ると、どの辺りに先ほどのスクの群れがいるのか分かりません。周りの船に電話して、スクを見なかったか聞いてみますが、皆さん見ていないそうです。

夏の綺麗な景色です。素晴らしい。真栄田岬の崖には、断層があります。崖の横の方をよく見ると、横に水平にできた切れ目があります。これは何でできたんでしょうか。

先ほどは、珊瑚礁の岩場に逃げ込んだスクの群れを、真上から見ることが出来ました。それが、時間が経過して、潮が満ちて来て、どこが珊瑚礁の岩の切れ目なのか、分からなくなっています。こうなると、船は真栄田岬の岩に沿って、ゆっくりと並行して進んでいます。

青の洞窟に近づくと、マリンレジャーによってきている船と、ダイバーが沢山いました。船の下にも、アクアラングをしている人がいて、気泡が海面からプクプクと上がってきています。

ゆっくり進んで、気を付けないと、浮上するひとに当たれば、事故になります。

シュノーケリングをしている人達は楽しそうです。一塊のシュノーケリングをしている人について、インストラクターが側にいて、水難事故がないように、気を遣っています。

松田光正さんは、自分が皆さんを動かしたので、大いに責任を感じ、一番船で高い所に移動し、出来るだけ上から目線で、スクの群れを見つけようとしています。

しかし、これだけ潮が満ちてくると、体を濡らさないで、潜らないで、網を張ることは無理です。残念ながら引き上げです。スクは見つかりませんでした。

来た航路を、船は戻ります。これが大漁だと、気持ちは軽いのですが、網も入れられないほどの誤算なので、船足は重く感じます。

海から見ても、前兼久漁港のハーリー祭の準備は進んでいます。

前兼久漁港の港内では、明日のハーリーの前に、最後の練習や、打ち合わせに余念はありません。

陸で行われる運動会の様に、ハーリー祭は、海で行われる運動会です。運動会に出る人が、見守る応援に応えたいと同じ様に、海で行われるハーリー祭に出場する人達は、当日の緊張を越えたいように、最後の練習に打ち込んでいます。

2012年6月22日(金)

コメントを残す