スクガラスは近年不漁です。ニシンのように、昔沢山とれたスクガラスは、近年なかなかとれなくなりました。

スクガラスは近年不漁です。ニシンのように、昔沢山とれたスクガラスは、ニシンのようになかなかとれなくなりました。 第137回沖縄訪問(7)

スクガラスの群れを見つけました。スクガラスは近年不漁です。ニシンのように、昔沢山とれたスクガラスは、なかなかとれなくなりました。3㎝くらいのアイゴの子は、珊瑚礁の岸辺に固まって群れています。

伊波城跡から、次に向かうのは、石川の高台です。立ち寄っているのは、休館中のホテルです。ロイヤルゴルフガーデンに付いているホテルですが、最近観光客が少ないそうなので運営を止めているホテルです。

高台から見ると、向こうの方向は、名護の方が見えました。

あちらを見ては、またこちらと、松田光正さんの運転で、訪れる場所は、気の向くままです。恩納村に戻り、真栄田岬に行く途中、朝日会でお会いする饒波棟重さんのバナナ農園に寄りました。バナナがいっぱいなっています。ちょっと分けて欲しいなというくらい沢山のバナナです。

バナナは、すぐに成長し、例え台風で倒れても、すぐ根元から、新しい茎が芽を出して、再生します。

すぐ傍に川が流れている音がしました。

饒波棟重さんの畑に降りて、バナナの実の付きようを、間近に見てみました。売り物にならないような、未熟な不格好なバナナは、伐採されて、切り捨てられています。

次に、真栄田岬の方に行ってみます。

真栄田岬に続く道は、恩納村と、読谷村の境界辺りで、ホテルや別荘地が続くリゾート地帯です。

ダイビング客が沢山来る所です。良い景色です。真栄田岬のラクダのこぶです。

最近の豪雨で、海に注ぎ込む雨水は、赤土を含んでいて、海を少し濁らせています。

この場所は、国定公園にある場所で、住宅は建てられません。だから美しい景色が保全されています。

ここに来て、沖縄を感じます。ここに来て、恩納村を感じます。感じるとはどういう事かと言えば、空気が無くなったときに、初めて空気の存在を感じるように、沖縄と恩納村の美しい自然が都会化された時、ここに来て、改めて沖縄と恩納村の美しさを感じます。

恩納村の前兼久や、ムーンビーチが見えます。あちらから、真栄田岬を見るのも、綺麗ですが、真栄田岬からムーンビーチを見る方が、何倍も綺麗です。これは、富士山から麓を見るより、麓から富士山を見た方が綺麗に感じるのと同じです。

松田光正さんが大変な発見をしました。アイゴの子のスクの群れを見つけました。金城正則さんに、スクが来ているよと電話で連絡をしました。すぐみんなが駆けつけてくれるでしょうか。

ハーリーがある頃、スクガラス(アイゴの子)が、岸辺にやって来ます。生まれたばかりのスクは、珍味です。2010年7月には沢山スクがとれました。

以前には、毎年のように、大量にとれていたスクも、最近はニシンのように、なかなかとれなくなりました。

真栄田岬から見える、東シナ海の海です。恩納村から名護辺りまでは、名護湾です。遙か向こうに名護市が見えます。

青の洞窟にシュノーケリングに来ている人達です。素晴らしい海です。雨が降って赤土が紛れ込んでいるところもありますが、この辺りは綺麗です。

がけの下に、潮が退いて、今なら珊瑚礁を歩いていける所に、潮だまりがあり、潮だまりにスクガラスの塊が、横一列になって群れています。

わずかなように見えても、これだけひとかたまりで網をいれると、大漁になりそうです。

前兼久からこちらを見るのも綺麗ですが、真栄田岬側から前兼久を見るのも綺麗です。次に読谷の方に行きます。

2012年6月22日(金)

コメントを残す