伊江島に行きます。フェリーで伊江島に渡ります。伊江島は2回目です。

伊江島に行きます。フェリーでは30分で伊江島に渡れます。伊江島は2回目です。 第136回沖縄訪問(10)

伊江島に行きます。30分で伊江島に渡れます。フェリーで伊江島に行くのは、2回目です。

昨夜、リーが見つかって、一安心して、リーが無事戻ってきたことを祝して、伊江島に行きませんか?と提案すると、片山正喜さんも大賛成で、本部港から出港する伊江島行きのフェリーの時間を調べてくれました。

朝、9時が第一便です。これにはとうてい間に合わないので、次の11時の便に乗れば、帰りは16時です。これで計画が立ちました。

朝8時です。11時に本部港から船に乗るには、要領よく、朝の準備をしないと間に合いません。と言っても、準備をするのは奥さんが中心です。

**

幸いなことに、今日は素晴らしいお天気です。前兼久の素晴らしい海を見ると、伊江島はどんなにキレイなんだろうと、今からワクワクします。

**

今日の朝ご飯は、奥さんの作ってくれた、ちらし寿司です。一番手間がかかるものは、錦糸卵作りです。卵を溶いて、薄い卵焼きを何枚も作り、重ねて細く切る作業です。

**

片山正喜さんにも、内地風のちらし寿司を、まるでお母さんが作ってくれた味のように、味わってもらいます。

**

昨日、屋我地島で採った海藻を入れたお味噌汁です。砂出しをしておかないと、砂を噛んで歯を折ることがあります。ご用心。ご用心。

**

一人で来たときには、こんなに手の込んだ、ちらし寿司の様なご馳走は作ったことがありません。

**

しっかり味を堪能して、朝ご飯後、これから片山正喜さんと一緒に伊江島に行きます。

**

今日は、とても見通しの良い晴れたお天気です。こんなに遠くまではっきり見えるお天気は、恩納村でもなかなかありません。向こうに見えるのは、残波岬に立つ残波ロイヤルホテルです。風力発電機も見えます。

恩納村の前兼久は新しいホテルがどんどん立ち上がり、かなり大きくなっています。

**

このホテルを建設しているのは、ホテルモントレ株式会社(小村太一社長)で、親会社はマルイト株式会社です。全国に17のホテルを展開しています。完成は2013年で345室・1182人の収容がでます。

片山正喜さんが9時半頃ホテルに迎えに着てくれました。

これから本部港に向かいます。その先は、伊江島です。

**

前回の伊江島訪問の記事は、こちらです

**

伊江島は、遠くから見ると、軍艦のように見えます。上空から見ると、平らな島に、真ん中に一つだけ、まるでヤカンの蓋のつまみのように、小さな盛り上がりがあります。

**

伊江島は、美しい島です。伊江島の公式ホームページです。

第二次世界大戦の時には、不幸な事がありました。島の真ん中に滑走路が2本も造成され、この滑走路は今も残っています。

ではフェリーの乗車券を買って、ビールも買って、船に乗ります。

2012年4月10日(火)

コメントを残す