キレイだな!なんてキレイな海なんだろうと、眠たい目をこすって、思わず見とれてしまうほど、恩納村の海はキレイなのです。

キレイだな!なんてキレイな海なんだろうと、朝一番、思わず見とれてしまうほど、沖縄の恩納村の海はキレイなのです。第131回沖縄訪問(2)

キレイだな!なんてキレイな海なんだろうと、思わず見とれてしまうほど、沖縄の、恩納村の海はキレイなのです。
2日目の朝は9時41分に起きています。大変良いお天気で、残波ロイヤル岬ホテルも見えます。青く澄んだ綺麗な海です。

**

高気圧ガールが居座ったような、ウィンクして呼んでるような、なんてキレイな海だろうと、やはり沖縄に来てよかったと思う瞬間です。

**

こんなキレイな海を、二人占している人がいます。それは誰かと言えば、ムーンビーチ沖でパラシューリングしている、熱々カップルの二人です。

**

残波岬の灯台の、白い曲線美の美しいこと、まるで八頭身美人が、おろしたての白い夏のワンピースを着ているみたいです。

**

いつも頭を悩ませる朝ご飯ですが、今回は奥さんと一緒なので、朝ご飯は奥さんが作ってくれます。

今日の朝ご飯は、うなぎを使ったうな重です。

**

お味噌汁には、以前、読谷の浜辺で、片山正喜さんと一緒に採ったアーサーを冷凍していたので、解凍して味噌汁に使います。

**

昨夜着いたばっかりなのに、今朝、なすびのぬか漬けが、食卓に光り輝いているのは何故でしょう?実は、神戸から糠床に漬けながら、運んできたものです。

**

では、糠床は何故、わざわざ沖縄に運んできたのでしょうか? それは、沖縄にはぬか漬けをする文化が浸透していないので、前兼久に、ぬか漬けの文化を広めるために、糠の種を運んできたのです。ちょうど、ヨーグルトの種を使って、ヨーグルトを広めるような事です。

****

食後はコーヒーを奥さんが入れてくれました。

また、ムーンビーチを見ています。なんてキレイな海なんだろう。

目の前の恩納村の海では、パラセーリングをしている人が見えます。パラセーリングとは、体にパラシュートをつけ、自動車かモーターボートで引いてもらい、海上の空を凧揚げのように散歩するマリンスポーツです。
パラシュートは海上から50mくらいまで上がるらしく、見ていると気持ちよさそうです。一般的なお値段は一人5000~8000円との事です。一度挑戦してみるのも良いかもしれません。

**

伊江島もはるか向こうに見えます。

食事が終わると、これから金城家に出掛けます。ちょうど、ホテルのフロントで、松田光正さんと会いました。

****

松田光正さんは、松葉博雄が朝日会の旗を、ホテルのベランダにたてているのを見て、お昼ご飯を誘って下さいました。せっかくのお誘いを頂いて申し訳ありませんが、またの機会になりました。

**

先約があるので失礼します。前兼久通りは新しい建物がどんどん建っています。

****

金城家に来ました。クレアちゃんはいっそう背が伸びて、陽にも焼けています。

神戸からのお土産を渡しています。松葉博雄がしんどそうなのを見て、エスカップを用意してくれました。

****

金城釣具店には、魚の餌の配達が来ています。金城家を後にして、昼食を一緒にしましょうという約束をしていた片山正喜さんの家に着きました。

**

片山正喜さんのお家は、前回の台風9号で大変な被害に遭っています。

潮水もかぶったので、家の周りのパッションフルーツの葉が枯れてしまっています。

**

台風9号は、3日間も沖縄本島に停滞していた為に、皆さん生活に大変困ったようです。停電も起きたそうです。

農作物はもうめちゃくちゃです。街路樹も倒され、ちょっと高い木は、どれも葉っぱが飛ぶほど酷い状態になっています。後片付けも大変だったようです。

**

リー君が迎えに出てきました。暑そうです。

**

片山正喜さんの所の畑のバナナも倒れてしまいました。新芽がまた芽を付けるには、あと2年もかかるそうです。

**

目の前の宇堅ビーチには、音楽がかかっていますが、海水浴に来ている人は、ほとんどいません。平日だからという事ですが、あまり沢山の人が来る浜辺ではないようです。

2011年8月16日(火)

コメントを残す