ハーリー船の起源は、中国(楚)の時代に琉球王朝へ伝来しました。

海神祭(ハーリー)は、旧暦5月4日(ユッカヌヒー)の日に毎年行われます。第130回沖縄訪問(2)

松葉博雄の気持ちは、車が走るように、気持ちも走っています。一分でも早く、前兼久ハーリーの会場に行きたい気持ちです。12時頃に前兼久のホテルに着きました。天気は、雲は沢山ありますが晴れです。海も青く、遠くの方まで見渡す事ができます。

**

前兼久ハーリーの会場では、テントが連なって建っているのが見えました。人も沢山集まっています。ハーリー大会は、朝から始めて、大体お昼過ぎくらいまでです。色んな音も聞こえてきます。

**

2011年6月5日のハーリーは、日曜日と重なって、前兼久だけではなく、恩納村の一大イベントとなっています。前兼久ハーリーは、前兼久の区長 金城正則さんが、前兼久ハーリーの主催者であり、実行委員長でもあります。

**

午前中から始まっているハーリーのプログラムは、もうずいぶん進んだのでしょうか?これから歩いて、前兼久漁港へ行って、ハーリーを応援に行きます。

**

会場に近づくに連れ、賑やかな声援の声が聞こえます。

**

晴れていてよかったです。前兼久ハーリーの会場の入り口です。広場に車がいっぱい駐車していて、テントの方からは、ざわめきが聞こえて来ます。

**

ハーリーの組み合わせ一覧が出ています。そろそろ決勝の頃になりっていました。各チームが大声で声援を送り、応援していました。

**

ハーリーは、9時15分のアガリカーニー、竜宮神御願から始まります。御願ハーリーの後は、実行院長の挨拶があり、職域ハーリー(男女予選)があります。その後、転覆競争、ジェットスキーなどがあり、間に来賓祝辞(恩納村村長 志喜屋 文康村長)の挨拶があります。

**

後半は、職域ハーリー(準決勝)、小学生の果物とり競争、職域ハーリー(決勝)、上りハーリー(班対抗)、表彰式で、大体お昼過ぎに終わりになります。

**

松葉博雄が到着したときは、プログラムは、クライマックスの職域ハーリー(決勝戦)の少し前でした。これから決勝レースになります。

****

朝日会のテントに着きました。今日は、朝日会のメンバーの奥さんや、お子さん、お孫さんを連れて来ていて、沢山の人が居ます。お料理も沢山ありました。

****

よく見る顔もあれば、初めてお目にかかるお顔もあり、地元の人もいれば、旅行者の方もいるようです。

**

今年も宇室久美子さんが、台所を担当して料理を作ってくれていました。

**

 

**

ハーリーはどうなっているでしょうか?決勝戦では、ムーンビーチチームが勝ちました。優勝したチームは、凱旋をしています。

**

勝ったチームが、大喜びで、応援席の周辺を、ハーリー船で凱旋するのは、これまでの厳しい練習に対する、ご褒美でもあります。

**

ハーリー船に乗って、レースに出たことがある、今の朝日会の人たちは、自分たちが乗っていた頃は、こんなものではなかった、大変だったと、今と昔を比較して話してくれます。

****

どうやら、今よりも、チームの名誉が重くかかっていた時代のようです。優勝したハーリー船のオーナーも、名誉なことで、チームの皆さんに、振る舞い酒をしたそうです。

2011年6月5日(日)

コメントを残す