恩納村前兼久の朝は、小鳥の鳴き声、鶏の刻の声、住人のざわめきで始まります。

恩納村前兼久の朝は、鶏の声がよく聞こえてきます。第124回沖縄訪問(18)

沖縄の11月下旬は、朝日が昇る時間は遅く、7時少し過ぎでは、まだ夜が明けたばかりの、暗闇から逃れ、朝ぼらけが始まったばかりのようです。

**

お天気はよさそうで、今日の予定は、知念半島の方に、ドライブに出かけ、自転車を積んで行き、海辺のあたりをサイクリングする予定です。

**

なんで、こんなに早く目が覚めるのか、普段なら、もっと遅いのに、

**

まぁ、せっかく、珍しく朝早く起きているので、このまま、沖縄スローライフに入っていきます。

**

前兼久の早朝は、鶏のコケコッコーの声が、鳴きわたります。

**

コケコッコーの鶏の声を聞いて、小鳥のさえずりを聞くと、神戸の朝とは違う感じがします。

**

金城家でいただいた、昨夜のイカの墨汁と、天ぷらや、豚肉の炒め物を、温めると、もう、松葉博雄の朝ごはんができました。

**

スタートは、前兼久の集落からです。

**

前兼久地区の、霞ヶ関にあたるのが、前兼久公民館です。ここに、地区の皆さんが集まってくる場所です。

**

前兼久公民館には、恩納村役場の支店のような役割があります。

**

前兼久の区長の、金城正則さんに、朝のご挨拶をして、その後から、知念半島に向かって、高速道路を使って、ドライブします。

2010年11月26日(金)

コメントを残す