巨大迷路に迷った時は、備瀬地区の福木並木に迷った時は、人生に迷ったときのように、自分の勘が頼りです

巨大迷路に迷った時は、備瀬地区の福木並木に迷った時は、どうしましょう?第124回沖縄訪問(14)

巨大迷路に迷った時は、どうなるのか実験してみます。備瀬の福木並木を、DAHONの自転車で周りました。

福木並木

これまでのように、歩いて行くよりも、自転車だと、行動範囲が広がりました。

福木並木

すぐ近くには、沖縄海洋博覧会場の人工ビーチが見えます。

福木並木

沖の方には、まるで原子力潜水艦のような形をした、伊江島が見えます。

福木並木

もう一度、備瀬の福木並木に戻り、これまで、徒歩では周りきれなかった、周辺部分をサイクリングしてみます。

福木並木

かなり、岬のほうまで進んでみると、波が、岩に押し寄せるような、轟きのような、海の、たけだけしい海鳴りが聞こえてきます。

福木並木

波の音に、引き寄せられて、波の音をナビゲーターにして、海辺の方向に、音を頼りに近づいてみます。

福木並木

回りくねった細い道の、その先に、少し広い丘があり、そこから、押し寄せる白波が見えます。

福木並木

あまり、人の来ない、備瀬地区の浜辺には、白鷺が、何か獲物をじっと見つめて、何を捕ろうとしているのか、気になって、何分間か、立って待っていましたが、白鷺は、じっとしたままです。

福木並木

もう一度、並木路に戻り、駐車場を探そうとしていますが、備瀬地区の奥深く入っていくと、まるで、迷路です。

福木並木

同じような、家並みで、看板、標識、建物、などが目印にありません。どの角を曲がったのか、まるで同じつくりで、迷ってばかりです。

福木並木

こういうときには、どのようにして、巨大迷路から抜け出すのか、考えてみます。頼りになる方向感覚は、地上の、太陽の傾きと、鼻に伝わってくる、潮の匂いです。

2010年11月25日(木)

コメントを残す