柿本人麿の歌、『東(ひんがし)の野にかきろひの立つ見えてかへりみすれば月西渡(つきかたぶ)きぬ』

東の空から、日が上り、西の空へ、月が傾いていく、一日の主役交代を、恩納村の空に見ました。第124回沖縄訪問(5)

沖縄に渡航し、沖縄で車を借りて、沖縄の生活のために、電気製品を購入すると、すっかり手持ちのお金が無くなり、お金が無いのに食事をするスリルを昨夜は味わいました。朝7時頃、目が覚めました。

**

**

東の方向は、まだ、夜が明けたばっかりで、恩納村の朝ぼらけです。

**

日が上り始め、これから1日が始まる、そのわずかな時間には、さあ今日も何かやるぞと、何となく、気合が入り、精神の充実を感じます。

**

精神の充実を感じたところで、さて、朝ご飯を作ります。

**

今日の朝ご飯は、五目チャーハンの素を使って、チャーハンをつくります。

**

最近流行の「TOPVALU」の五目チャーハンの素です。

**

チャーハンの素だけでは、少し寂しいので、豚肉を入れることにしました。

**

豚肉は、なるべく小さくサイコロ状に、切りました。

**

ご飯と、小さく切ったお肉を一緒に炒めます。

**

五目豚肉チャーハンが完成です。お味噌汁は作っていません。

**

朝ごはんを食べながら、テレビのスイッチを入れてみると、テレビでは、昨晩と同じく、北朝鮮のニュースを報道しています。

**

北朝鮮と韓国の戦争になるかもしれないと、緊迫した報道です。

**

論説では、世代交代が起きると、新しい世代に、全体の支持が集まるように、国民にとってわかりやすい、善と悪を提示し、ほとんどの人が、善と悪を判断しやすいのが、国境問題のようです。

2010年11月24日(水)

コメントを残す