「何かを始めるには、今日より早い日は無い。」経営学の講義 社長メッセージ:(2007年6月号)

「何かを始めるには、今日より早い日は無い。」

 

給与袋に添えて[2月号]

兵庫県立大学で経営学の非常勤講師を務めていた時のことです。

講義の中で、「何かを始めるには、今日より早い日は無い。」と学生の皆さんに呼びかけました。

何かを始めるという意味は、経営学の講義なので、事業を始めることを意味していました。

ビジネスを始めたいと思う気持ちがあれば、一日でも早くビジネスの準備を

始めた方が良いと話しました。

学生の立場なので、学校をやめて独立しなさいと言う意味ではありません。

経営にはマーケティング理論や会計知識、財務知識などの多くの知識が必要です。

その知識の吸収からでも、速く始めたら良いのです。

講義のあと講義の感想文をいただきました。

感想文では、「何かを始めるには、今日より早い日は無い。」が強く印象に

残ったという意見が多く寄せられました。

この事例を思い出して、今月の社長メッセージ、社長の言葉に書きました。

「何かを始めるには、今日より早い日は無い。」

給与袋に添えて

 

 

何かを始めるには、今日より早い日は無い。何かを始める、例えば趣味、スポーツ、おけい古事などを始めるのは、一日でも早い日が良いと思います。

そう考えて、研修を何年も前から始めました。合宿研修は、例年、蛍の飛び交う6月頃行っています。

少しずつ研修の効果は明らかに成りつつあります。アンケートハガキでの反応でも、研修の成果が認められる顧客の声が届いています。

研修の成果は、二次的効果を生み、先輩社員が後輩社員へ学んだ事を伝えられる段階に来ています。

今日より早い日は無いと考えて、スタートをしてみて下さい。顧客サービスに関する事や、従業員満足につながる事は、サービスのイノベーションと成ります。

早く気が付き、早く取り組み、早く始める事を期待しています。

2007(平成19)年6月25日
社長 松葉 博雄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す