大阪市立大学大学院 客員研究員/社会人大学院ゼミ:カテゴリー・アーカイブ

研究論文と家の建築は、構想ばかりでは完成しません。

家を建てる時は、マスタープランを短期間で決定し、建築に取りかかります。論文作成も、研究内容に進まないと、投稿できません。(>続きを読む)

博士課程は3年です。投稿論文が採択され、博士論文が執筆できま

 『経営理念の浸透が、顧客と従業員の満足へ及ぼす効果』、この投稿論文を読んだよと、家永秀則さんからお話がありました。 2(>続きを読む)

研究ブログを書いていると、家永秀則さんが言った、バーニーは、

大阪市立大学大学院博士ゼミの前期の修了後は、酒蔵ふくじゅでさらなる研究討議です。研究ブログ 大阪市立大学大学院(2) 家(>続きを読む)

研究ブログです。大阪市立大学大学院 博士ゼミで、ゼミの研究者

研究ブログを書こうとすれば、大阪市立大学大学院明石芳彦先生のゼミで、博士課程後期のゼミ生の報告を聞いて、投稿論文が作成さ(>続きを読む)

ゼミの後の飲み会は、情報交換の場所です。 飲み会は多くの効用

専門職の知識と経験を、学術的な研究テーマに昇華できると、投稿論文になりそうです。 市大2 居酒屋 大阪市立大学大学院の博(>続きを読む)

論文の学術的意義とは、先行研究の知見・従来研究成果への貢献で

博士請求論文を書くには、その前に、学術的な専門雑誌への、複数の投稿論文採択が条件になります。 大阪市立大学大学院の博士ゼ(>続きを読む)

蛸の徹で、たこ焼きを焼きながら、論文作成の構想を家永秀則さん

蛸の徹で、たこ焼きを上手に焼くためには、何が成功要因なのか、これを事例に、論文構想に繋ぎます。 たこ焼き 蛸の徹 大阪市(>続きを読む)

客員研究員の役割は、発表を聞いて、何か研究に貢献できることを

客員研究員は、発表者が査読論文作成に、何が問題点なのかを、一緒に考えます。 夏至の日に、大阪市立大学大学院にいって部屋に(>続きを読む)

教育の効果は、個性に依存するアートなのか、それとも、同じ効果

大阪市立大学大学院博士課程後期の、博士ゼミに参加するため、梅田の地下街を歩くと、1ドルは123円から、124円へと、円の(>続きを読む)

田能村竹田の『富士図』の千円切手が新たに発行されています。金

研究テーマを、査読論文に書き上げる為には、日本刀を研石で研いで究めるように無駄を省き、一言一句のするどい切れ味に推敲する(>続きを読む)