沖縄 恩納村 リゾート生活 沖縄ブログ:カテゴリー・アーカイブ

恩納村に沈む太陽と粋な別れをしました。

沈む夕日を見るのと、昇る朝日を見るのとは、どちらが元気をもらえるでしょうか?第160回沖縄訪問(14) 社長ブログ沖縄/(>続きを読む)

南恩納の海で、最高の夏の日の思い出です。

南恩納の海は、サンゴ礁に熱帯魚が集い、幼児にもこの夏一番の思い出を作ってくれました。 第160回沖縄訪問(13) 社長ブ(>続きを読む)

前兼久の漁港のセリを、見せてもらいました。

幼児のシュノーケリング練習場は、1ランクアップして、浜辺から外洋に向かいます。第160回沖縄訪問(12)/社長ブログ神戸(>続きを読む)

前兼久区交流会館の管理責任者は金城正則さんです。

前兼久区交流施設の落成式は、9月の予定です。第160回沖縄訪問(11) 社長ブログ沖縄/参宮あわび/前兼久交流館 沖縄リ(>続きを読む)

沖縄に来て、平穏な一日を送れることが、最高の幸せであることが

毎日の忙しい生活から、平穏な家族との食事を楽しめて幸せです。第160回沖縄訪問(10) 社長ブログ沖縄/紅芋ソフトクリー(>続きを読む)

幼児を海で遊ばせるには、万全の注意が必要です。事故は、一瞬に

お父さんにしてもらった楽しい思い出は、また次の世代の子供たちに引き継がせたくなります。 第160回沖縄訪問(9) 社長ブ(>続きを読む)

占い師の予言 朱塗りの御殿に鯉が泳ぐ家を建ててくれるお告げは

残波ロイヤルホテルの横の沖縄そばの花笠は、沖縄そばがうんと太めで、固いです。第160回沖縄訪問(8) 社長ブログ沖縄/沖(>続きを読む)

残波ロイヤルホテルが見える読谷(よみたん)の浜辺で孫たちは海

片山正喜さんはプロの潜水士だったので、海での指導は信頼感があります。 第160回沖縄訪問(7) 社長ブログ沖縄/読谷の海(>続きを読む)

沖縄では、女性が台所に祭るのは、火の神で、男性が床の間に祭る

金城正則さん宅と、松葉博雄宅との交流は、親子・孫の三代に続いています。第160回沖縄訪問(6) 金城正浩さんのお家から、(>続きを読む)

沖縄の仏壇は、男系家族の長男が守ります。

沖縄の仏壇にお参りする作法は、念仏は言わなくて、口語調のような語りかけるような話し方でお参りします。 第160回沖縄訪問(>続きを読む)