JA東とくしまの、勝浦川の天然鮎と、コーナン産直館 淡路東浦店の天然鯛を、炭火で焼きます。

玉ねぎの炭火焼き丸焼きは、芯まで焼けました。焼きトウモロコシは、砂糖醤油を刷毛で塗って焼くと、香ばしい香りが匂ってきました。 JA東とくしまの「よってネ市」で買ってきた、アユと鯛、そして野菜を、炭火で... 

『魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよ』のことわざの通り、鮎の干物を、ゆっくり焼く係をしました。

冬瓜は、沖縄料理によく出てくる食材です。長期の保存にも絶えられます。 10月の下旬となると、コンタクトレンズの販売は、例年閑散期に入ってきます。どのビジネスでも、閑散期となると、気持ちはしずんできます... 

イライラ:魚を焼くにはイライラと、ご飯を炊くにはゆっくりと、できる社員はイライラとゆっくりの使い分けをしています。

イライラ:魚を焼くにはイライラと、ご飯を炊くにはゆっくりと、御寮さんの言うには、できる社員はイライラとゆっくりの使い分けをしています。 イライラしていいのは、魚を焼くにはイライラと、イライラしてはいけ...