だめでもともと(だめもと):蒔かぬ種は生えぬ~沖縄本部町水納島のヤシの実が神戸三宮で芽を出しました

だめでもともと(だめもと)と思い、沖縄のヤシの種を神戸で、蒔いてみました。 蒔かぬ種は生えぬ~沖縄本部町水納島のヤシの実が神戸三宮で芽を出しました。

だめでもともと(だめもと)です。神戸で、ヤシの実の芽が出るとは、期待しないで、だめもとで種を蒔いてみました。

種は、水納島で採取しました。沖縄の離島に水納島という島が二つあります。
私が行った水納島は本島の本部の近くに沖縄海洋博公園があります。そのすぐ近くに位置する人口50人くらいの離島です。

この島には夏には多くの海水浴客が本島からやってきます。浜辺の砂は砂時計の砂のようにサラサラと細かい粒子で思わず両手にとって砂山を作りたくなるような美しい砂粒です。よく見ると小さな貝の集まりでもあります。星の形をした砂粒も見つかります。

浜辺の裏側には椰子の木が繁り、そちらの方に歩いて行くと廃家の庭に椰子の木が繁りその根元には沢山の五円玉くらいの大きさの種が散らばっていました。
この種をいくつかひらい、神戸に戻り会社の日当りの良い窓際に種を蒔きました。

しばらくはそのことを忘れていましたが、数ヶ月経ってみると小さな青い芽がそぉっと辺りをうかがうように芽を出してきました。
「蒔かぬ種は生えぬ」と言いますが、本当に蒔けば椰子の芽が出たことに大きな感動がありました。

沖縄の離島の廃屋に落ちていた一粒の椰子の実は神戸の三宮に運ばれ、そして植えられ、見事に芽が出ました。やはり人生は何かやってみないと蒔かぬ種は生えない、と思いました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です