困ったときの:「瑞兆の占い、天変地異の占い、夢占い、相の占いを完全にやめ、吉凶の判断をともにすてた修行僧は、世の中に正しく遍歴するであろう」仏陀(ブッダ)の言葉360より

困ったときのお祈りです。困ったときの神様、仏様にお願いするように、摩耶山にお詣りに行きました(2)

困ったときのお祈りです。「瑞兆の占い、天変地異の占い、夢占い、相の占いを完全にやめ、吉凶の判断をともにすてた修行僧は、世の中に正しく遍歴するであろう」と、仏陀(ブッダ)の教えにあります。修行所では、占いよりは、心を穏やかにする、ことが求められていました。

摩耶山天上寺の、境内で、西の方向を見ると、須磨の鉄拐山(てっかいざん)と、淡路島の間の、明石海峡が、ほんのわずかな、水路にしか見えません。

摩耶山 天上寺

ガリバーなら、一またぎ、孫悟空なら、一飛びで、須磨から淡路に渡れそうです。

摩耶山 天上寺

本堂をお詣りしたあとは、摩耶夫人堂にもお詣りします。

摩耶山 天上寺

桔梗の花が、涼しげに咲いて、さすが六甲山の28度と、下界の36度の差を感じます。

摩耶山 天上寺

安産祈願のご本尊・摩耶夫人に、しっかりお願いしました。

摩耶山 天上寺

なんと、腰痛にも、お願いできる、佛足石がありました。

摩耶山 天上寺

「功徳利益多く、殊に足腰の病に霊験あらたかです」と、表示されていて、頭面礼足してくださいと書いています。

摩耶山 天上寺

初期の、原始仏教の時代には、仏陀を直接礼拝するには、尊すぎて、仏陀を像にするのではなく、仏陀の足跡や、法輪を想像する、車の輪などを礼拝していました。

摩耶山 天上寺

天上寺にあがるには、急な、長い石段があります。歳をとって、腰が弱くなって、この石段を登り切ったときに、足腰をいたわってくれる為に、佛足石はあるのでしょうか。

安産祈願の、お詣りも終わり、束の間の六甲山避暑をして、また、山麓の灘におりて帰ります。車の温度計は、再び、36度に戻ります。

2010年8月5日(木)