牛タンといえば仙台 仙台と言えば牛タン どうしてかな?実は、進駐軍の残した牛タンを、「もったいない」の思想で活用したのが牛タンの始まりです

牛タンといえば仙台、仙台と言えば牛タンです。仙台で牛タンが有名なのはどうしてなのかというと、実は、進駐軍の残した牛タンを、「もったいない」の思想で仙台の人達が活用したのが牛タンの始まりなんです。

牛タンといえば仙台 仙台と言えば牛タンです。予告編で書いたように、仙台に学会出張に行った、娘の旦那さんが、お土産に買ってきてくれた、牛タンを頂きます。

牛タン

太平洋戦争後、仙台に もGHQが進駐しました。 その際、大量に牛肉を 消費する駐留米軍が残 したタンとテールを有効に活用するために、 1948年(昭和23 年)、仙台の焼き鳥店 「太助」初代店主・佐野啓四郎が、牛タン焼 きの専門店を開業した ことが 「仙台牛タン 」 の始まりだそうです。

牛タン

テーブルコンロに網を置き、焦げないように、ご飯を炊くときに使う、釜の台を使って、火から距離を置きます。

最初に頂いているのは、牛タンの味噌漬けです。網に置いて、弱火でゆっくり焼いていると、少しずつ牛タンの表面に、脂が浮き上がり、乾いた牛タンの表面が、汗をかいたように、脂に覆われてきました。

牛タン

奥さんに言われるように、塗り物の箸で、火の側に近づけると、箸が焦げるので、牛タンを焼くときには、焦げても心配のないように、お弁当についている割り箸を使います。

牛タン

そろそろ焼き上がった頃には、冷蔵庫からビールを取り出し、100円ショップで買った、200円のビールジョッキに注ぎ、熱々の牛タンを口の中で、ビールで冷まします。

牛タン

牛タンだけでなく、ウナギの山椒焼きも、冷蔵庫から取り出して、一緒に焼いています。

牛タン

息子が教えてくれた、お多福豆を火で炙って、焦げ目が付くほど、外側を焼くと、少し塩を振って、味付けしてみれば、これがまたビールとよく馴染みます。

牛タン

牛タン

あるときには、あるもので、冷蔵庫の中には、買い置きの食材がいろいろあり、「近江今津西友」の小鮎醤油煮もありました。

牛タン

さらに、奥さんが毎日糠味噌をかき混ぜて、漬けている、胡瓜と茄子の漬け物もあり、これに、ちりめんじゃこと花かつおをトッピングして、頂きます。

牛タン

ガスコンロで、テーブルの上で焼いていると、あれもついでに、これもついでにと、炉端焼き屋さんみたいになってきました。

次に焼いたのは、厚揚げとこんにゃくです。厚揚げは、一度食べてみると、なかまで熱くなっていなかったので、厚揚げを焼くのは、辛抱強く焼かなければ、焼き上がらないことを学習しました。

牛タン

最後は、お茶漬けです。うなぎの山椒焼きを、ご飯の上にのせ、熱々の白湯をかけて、うなぎの脂がしみ出てくるのを待ちます。

牛タン

そうすると、じわりじわりと脂が出てきて、これがとっても美味しいお茶漬けになりました。

2010年6月1日(火)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です