赤穂温泉 潮彩きらら 祥吉(4) 赤穂市立田淵記念館のあとは、晩ご飯の仕入れです。赤穂の海で獲れた魚を晩ご飯に仕入れるつもりです。晩ご飯には、魚がいいです。

赤穂温泉 潮彩きらら 祥吉への日帰りツアー(4)

「赤穂市立田淵記念館」に到着しました。

赤穂市立田淵記念館

入館料は、大人ひとり200円です。「田淵記念館」は、平成6年に田淵家より美術品・古文書類が赤穂市に寄贈されて、それを展示保存する施設として、平成9年10月に開館しました。

赤穂市立田淵記念館

収蔵品は、茶道具、日本が、書、婚礼道具、蹴鞠道具など、多岐にわたっています。

赤穂市立田淵記念館

バスツアーで、「田淵記念館」を訪れたと思われる、団体の方が一緒でした。このバスツアー客の皆さんは、「田淵記念館」を見た後は、隣の田淵家に入って行きました。

赤穂市立田淵記念館

「田淵記念館」の隣に、田淵さんのお家が続いているのです。

赤穂市立田淵記念館

最初、門は閉まっていましたが、バスツアーの代表の方が、呼び鈴を押して、会話の後、門が開き、バスツアーの皆さんは、田淵家のお家の中に入っていきました。

赤穂市立田淵記念館

松葉博雄と奥さんは、「私も入りたいなぁ」といった顔が、代表者の人に読まれたのか、代表者の人は、「すまんねぇ」と、ひとこと言って、門扉を閉めました。

赤穂市立田淵記念館

何らかの繋がりがあって、田淵家の私邸の扉が開いたのだと思います。

赤穂市立田淵記念館

どういう繋がりなのか、気になります。

赤穂市立田淵記念館

ただのバスツアーではないように思います。

赤穂市立田淵記念館

田淵家の私邸を訪れたいという、未練は早めに捨てて、次に、リーフレットに記載されている、赤穂市の有名な「樽鮮魚店」の前に車を停め、お店に入って行きます。

樽鮮魚店

店を仕切っているのは、包丁を握っているご主人です。

樽鮮魚店

お店の中には、赤穂の魚だけでなく、北海道から届いたと思われる、海産物も山積みになっています。

樽鮮魚店

店のご主人に、欲しい商品を指さして、注文をしてみました。

樽鮮魚店

ところが、「樽鮮魚店」は、売り切れごめんの状態で、ほとんどの商品は、完売だそうです。

樽鮮魚店 樽鮮魚店

メバルがあるので、これはと指さしてみると、「このメバルは、メバルのようでメバルでない、似非メバルで、味が悪く、とてもお客様に売れるメバルではないので、今晩の晩ご飯に使う、自家用です」と言われ、メバルにも、似非メバルがあるとは知りませんでした。

樽鮮魚店

樽鮮魚店

何とか買えたのは、干物類です。

出汁用の煮干し、ちりめんじゃこ、味付けスルメ、生鮮食品では、アサリが残っていました。

樽鮮魚店

お店の壁には、「何もかもが値上がりです。できるだけご注文下さいね」と表示があります。なんで、何もかも値上がりしているのでしょうか?

樽鮮魚店

値上がりしていても、ほとんどの鮮魚類が完売とは、すごいなぁと思いました。積み上げているトロ箱を見ても、必ずしも地元のものばかりではないようです。

樽鮮魚店

そうなると、仕入れが上手なのでしょうか?気持ちは赤穂産のメバルやアコウ、お刺身の盛り合わせなどを、今晩の晩ご飯のつもりに考えていました。残念でした。

 2010年5月27日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です