仏像 見せる・見せない どちらが良いですか?

日帰りツアー 有馬温泉(4)

2010年5月20日(木)仏像を見せる・見せないのどちらが良いかと感じたのは、有馬のグルメを楽しんだ後は、近くの有馬温泉寺にお詣りをした時です。

有馬温泉寺

有馬温泉寺は、お昼のグルメで利用した、「ホテル花小宿」のメインダイニング「旬重 ( しゅんじゅう )」から、石段を上がってすぐ上にあります。

**

正面には、仏像があり、手前には、お賽銭箱があって、何かお願いをするように、呼びかけているように感じました。

有馬温泉寺

有馬温泉寺のように、積極的にオープンに、仏像を公開し、参拝者が直接仏像にお願い出来るシステムは、好感が持てます。

これとは逆に、秘仏と称して、なかなか仏像を見せなくて、見せたとしても、何十年に一回とか、非公開のシステムがあります。

有馬温泉寺

お祀りしている人の考えは、気軽に見せる方がいいのか、あまりに気軽に見せると、ありがたさがなくなると思うのか、自分のための仏像なのか、皆さんのための仏像なのか、尋ねてみたいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です