大阪市立大学の博士課程で研究した、博士論文の概要を報告する公聴会と口頭試問の日です

今日は、松葉博雄が大阪市立大学の博士課程で研究した、博士論文の概要を報告する公聴会の日です。

大阪市立大学大学院

これまで、何度か、プレゼンテーションの練習をしてきました。決められた短い時間で、初めて聞く人でも、内容が把握できるように、要領の良い報告が求められます。

大阪市立大学大学院

およそ40分の予定で、報告の練習をしてきましたが、今朝のメールで、30分に短縮するようになりませんか?と、相談がありました。

大阪市立大学大学院

えらいことです。例えば、これまで40分で走るよう、練習してきた長距離走を、30分で走って下さいと言われると、これは息が切れてしまいます。

大阪市立大学大学院

1日で、ペースを身体で覚えるには、難しいことですが、でも、余分な部分は削って、30分で終わるように、もう一度練習をやり直しました。

大阪市立大学大学院

本番には、やや大きめのデジタルタイマーを置き、経過時間を気にしながら、予定通りの時間内で終わることが出来ました。

大阪市立大学大学院

公聴会が終わると、傍聴者は、部屋から立ち去り、口頭試問に移ります。口頭試問は、主査、副査の3名の先生の前に、松葉博雄は面接を受けるような、対峙して座り、緊張の長い時間を、ただひたすらに、質問に対し、真摯に答えました。

長い1日でしたが、公聴会と口頭試問を終えて、峠を超えたように思いました。

2010年2月8日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です